ペット 犬~犬 大事典~

嬉しい時も悲しい時も心躍る時も涙を流す時もいつもそっと傍に寄り添ってくれる犬。 生涯の忠実なパートナーとしてワンちゃんを迎えたいと思った時、ワンちゃんの躾などで困った時などに。

犬ペット 犬ペット

犬 大事典>犬を飼うにあたって>犬 しつけ 方法

子犬 しつけ

犬のしつけの基本は「主従関係の構築」です。これがしっかりしていないと、いくら道具やテクニックを駆使してもうまくいきません。主従関係を犬に分からせるには、犬を甘やかさず、人間のペースを崩さないことが大切です。それができたら、トイレや散歩など具体的なしつけに入りやすくなります。

犬のしつけの方法で大切なのは、「褒めること」と「叱ること」です。良いことをした時は頭や首をなでながら「よしよし」と声をかけてあげてください。この時犬の目をしっかり見て褒めてあげましょう。

叱る時は、悪いことをしたその場で叱ります。時間がたってからでは、犬はなぜ叱られたのか理解できません。長々と説教をするのではなく、「ダメ!」「いけない!」と短くキッパリと声に出します。この時の声のかけ方は家族内で統一する方が良いでしょう。犬のしつけにとって褒めることと叱ることは両方必要です。どちらかが欠けてもいけません。

 

子犬 しつけ

犬のしつけで体罰をつかう方法には賛否両論がありますが、基本的に一般家庭で飼う犬であれば体罰はやめておいた方が良いです。

訓練士が職業犬を育てるのに叩いたりすることがありますが、彼らは犬の習性を熟知した上で効果的に行っているのです。素人が感情的にならずにタイミングや力加減をして体罰を行使するのは相当難しいことです。犬のしつけは時間と根気がいるものです。粘り強く、繰り返し、愛情を持ってしつけをしてあげてください。