ペット 犬~犬 大事典~

嬉しい時も悲しい時も心躍る時も涙を流す時もいつもそっと傍に寄り添ってくれる犬。 生涯の忠実なパートナーとしてワンちゃんを迎えたいと思った時、ワンちゃんの躾などで困った時などに。

犬ペット 犬ペット

グレートピレニーズ>グレートピレニーズ 歴史

グレートピレニーズ

グレートピレニーズの歴史は非常に古く、数千年前にアジアで生息していたチベタン・マスティフが祖先と言われています。この大きな犬は紀元前1800年から1000年頃に商人や遊牧民の手によってヨーロッパに持ちこまれました。そして、スペインとフランスの国境にあるピレネー山脈に落ち着きます。

原産国のフランスでは、グレートピレニーズの牧羊犬としての性能を重視して繁殖がおこなわれました。

 

 

グレートピレニーズ

この時ごく限られた地域で発展を遂げたため、超大型犬の血統を維持することができたと考えられています。中世に入ると、グレートピレニーズはフランスの社交界で絶大な人気を博します。

白くて堂々とした体型に、ゆったりと優雅な動作、優れた性能は、領主や貴族のみならず国王ルイ14世にも愛され、城館の番犬や王室犬としてもてはやされました。フランスでの
黄金期は19世紀中期まで続きます。

 

グレートピレニーズ

19世紀に入ると、グレートピレニーズはイギリスで人気が高まります。1850年には英国のビクトリア女王が所有していたことで知られています。1885年に英国ケネル・クラブに正式に登録されました。

1930年頃になるとグレートピレニーズはアメリカに持ちこまれます。1933年にはアメリカン・ケネル・クラブに登録されて大変注目され、現在でも人気があります。日本では1961年に登録され、日本の住環境では飼うのが難しい超大型犬でありながら、なかなかの人気があります。