ペット 犬~犬 大事典~

嬉しい時も悲しい時も心躍る時も涙を流す時もいつもそっと傍に寄り添ってくれる犬。 生涯の忠実なパートナーとしてワンちゃんを迎えたいと思った時、ワンちゃんの躾などで困った時などに。

犬ペット 犬ペット

プードル>ティーカップードル 飼い方

ティーカップードル

ティーカップ・プードルの飼い方は、他のプードルの犬種とは少し違います。特に気をつけるべき点をまとめてみました。

<食事について>
ティーカップ・プードルは大変な「小食」です。極小犬には小食の子が多いのですが、ティーカップ・プードルの場合も同様です。胃が小さくて働きが悪いので、1回の食事の量を少なくしてあげます。噛む力が弱くて硬いものを嫌がる場合は、食欲が出るまで柔らかくて食べやすいものを用意します。また、神経質なので人がいると食べたがらないこともあります。

<しつけについて>
ティーカップ・プードルは「しつけいらず」と言われるほど手のかからない子です。いたずらや問題行動が少なく、あっても目立ちません。しかし、それでも放ったらかしにするのはよくありません。トイレ、噛みグセ、「待て」、「ダメ」など、基本的な生活のしつけは忘れずにおさえておきましょう。

 

ティーカップードル

<接し方について>
ティーカップ・プードルの特性として、「感受性が強い」、「記憶力が良い」があげられます。感受性が強いということは、神経質であるとも言えます。飼い主に冷たくされるとティーカップ・プードルは深く傷つきます。また、記憶力が良いため、イヤな経験をいつまでも忘れることができず、繊細な心が折れてしまいます。しつけのために叱ることがあったとしても、そのあと一緒に遊んだり抱っこしてあげたりして、しっかりフォローしてあげましょう。