ペット 犬~犬 大事典~

嬉しい時も悲しい時も心躍る時も涙を流す時もいつもそっと傍に寄り添ってくれる犬。 生涯の忠実なパートナーとしてワンちゃんを迎えたいと思った時、ワンちゃんの躾などで困った時などに。

犬ペット 犬ペット

プードル>ミニチュア・プードル 病気

スタンダードプードル

ミニチュア・プードルは可愛くて素晴らしい犬ですが、純血種だと遺伝的な病気引き起こす場合があります。

たとえば、アレルギーも遺伝的な病気です。ミニチュア・プードルは「皮膚疾患」、「外耳炎」、「涙腺づまり」を起こしやすい犬種なのですが、これらの原因はアレルギーです。アレルギーを抑えるには、花粉やノミなどの原因物質を避ける必要があります。刺激の強いシャンプーはなるべく使いません。耳の中に生えている毛は獣医師に抜いてもらい、耳洗浄液で清潔に保ちます。「涙腺づまり」はいわゆる「涙焼け」のことです。

 

 

スタンダードプードル

遺伝性疾患は骨にもあらわれます。ミニチュア・プードルに多い「軟骨形成不全」とは、軟骨がうまく作られないために異常に足が短くなる病気です。「膝蓋骨脱臼」とは、ひざの皿が外れる病気です。

また、神経系に遺伝的な異常があると「てんかん発作」を引き起こします。これもミニチュア・プードルに多い病気です。突然ひっくり返ったり、泡を吹いたりけいれんしたりしますが、しばらくすると治まります。

遺伝的な病気は広範囲におよび、どこに発生するかは分かりませんが、ほとんどは治療可能です。薬の投与や生活改善、ときには手術で治ることもあります。もちろん、まったくそのような病気にならないミニチュア・プードルもたくさんいます。