ペット 犬~犬 大事典~

嬉しい時も悲しい時も心躍る時も涙を流す時もいつもそっと傍に寄り添ってくれる犬。 生涯の忠実なパートナーとしてワンちゃんを迎えたいと思った時、ワンちゃんの躾などで困った時などに。

犬ペット 犬ペット

プードル>スタンダードプードル 歴史

スタンダードプードル

スタンダードプードルは古くからヨーロッパ各地に生息していました。

紀元前30年ごろのローマ帝国時代の記念碑には、スタンダードプードルの彫刻がほどこされています。

最終的にはドイツとフランスで種が固定化しました。原産国はフランスとされていますが、ドイツだという説もあります。プードルの語源は、ドイツ語の「プーデル(水を跳ね返す)」だといわれています。

 

 

スタンダードプードル

スタンダードプードルは、もともとは優秀な水猟犬でした。飼い主が仕留めた水鳥を回収するのが仕事です。

しかし、スタンダードプードルは水辺の猟以外でも役立つ作業犬です。軍用犬、盲導犬、番犬のほか、ロシアでは荷車轢きとして活躍していました。物覚えが良くて動きが機敏なので、多芸犬としてサーカスに出場することもありました。まさにオールマイティな作業犬です。

フランスでは、優雅な愛玩犬としての人気が高まり、なんとフランスの国犬に選ばれました。この頃から小型化がすすめられ、16世紀にはミニチュア・プードルが、18世紀にはトイ・プードルが誕生しています。

スタンダードプードルは19世紀ごろからドッグショー出場するようになり、さまざまなクリップやカットで飾られるようになりました。現在でもスタンダードプードルはショーで人気の犬種です。