大地震サバイバル術

大地震サバイバル術

 

いざ、大地震が発生した時、まずは一呼吸置いて落ち着くこと。
周囲の状況を見て、できる限り冷静に判断し、行動することです。

 

映画館やライブ会場での火事でも明らかなように、
出口付近に人が一気に押し寄せ、圧死の危険があります。

 

又、皆がここに居るから、とか 皆があっちに逃げていくから とかで判断するのではなく、自分のもっている知識経験をフル活用し、自分の頭で考え、そして何よりも 自分の動物的感を 信じて自分で判断し行動することが大切です。

 

皆が、逃げることなくその場にいたとしても、大げさだと回りに笑われようとも 自分の動物的感が騒いだら安全だと思う場所まで逃げましょう。

 

 

ここでは、様々なシチュエーションで地震が起こったときの対処法をまとめました。
いざ!という時の危機回避のお役に立てれば幸いです。

 

 

大地震サバイバル術記事一覧

地下鉄 大地震サバイバル

地下鉄乗車中に 大地震が発生したら・・・・心理的には、地下は地上よりも格段に怖いですよね・・・。しかし、地震の揺れ,大型ビルから降って来るガラスの雨や、倒壊する建物の瓦礫の雨などの被害から逃れるために、地下に逃げ込んでくる人もいるようです。大地震発生後、しばらくすると、地上から地下へ流入できないよう...

≫続きを読む

 

電車 大地震サバイバル

電車で、圧死の危険が最も低く生き残る確率の高い比較的安全な場所進行方向より、中央よりも後方の車両ドア付近に立ち、ポールをつかんで立つ長椅子に座る場合は、進行方向と逆側の端   (長椅子の場合、真ん中が一番安全と言う人もいる)対面式座席に座る場合は、進行方向を向いて座る   (進行方向と逆側向きに座る...

≫続きを読む

 

高速道路 大地震サバイバル

高速道路 走行中に 大地震が起きたら・・・・ハンドルが取られ、上下左右に車が勝手に揺さぶられるそうです。東日本大震災の時、私の友人は車を運転中でした。右に左にハンドルを取られ、一緒に乗っていたお子様は大騒ぎだったそうですが、その友人は、ドリフトの名手だったので、どうとでも出来るので余裕綽々だったそう...

≫続きを読む

 

大地震 注意点

大地震が起こり、火災,家の倒壊などが起き 家を空けて避難する必要が出てくることもあると思います。その際の注意することは、現金や貴金属など貴重品は置かないことです。自宅に、現金や貴金属など金目の物を置いておくと、盗難される可能性が著しく高いです。中には、金庫に入れておくから大丈夫と安心して家を空ける人...

≫続きを読む