地震 火災

地震総合ナビ★大地震対策どっとこむ>地震 火災|地震 火災の対策方法

 

地震 火災

大地震により発生した火災は、
@消防隊や救援隊すら直ぐ助けに来られない事が多い
A家具や家の下敷きになり身動きが取れない
B破損したガラスや落下物により怪我を負い動けない
C家具の倒壊や扉の開閉不能状態により逃げ道がない
D水道管の破損で水が出ず、消火活動が出来ない
E消火栓の破損で水がでない

 

などの特徴があります。物の下敷きになったまま身体を焼かれて焼死するケースが後を絶ちません。

 

 

 

地震の火災を防ぐ対策方法としては、

@携帯電話などでの緊急地震速報が流れたら即、火を消す&ブレーカーを落とす
A大きな揺れが収まった時に即効、火を消す&ブレーカーを落とす
B出火した場合、初期段階で消火する

 

地震 火災

消火器などの消火グッズは、必ず自宅に用意しておくことが肝心です。火災は、【天井に火が回ったら逃げろ!!】が鉄則です。天井に火が回ると、建物全体に火が回るのは一瞬です。建物から出て、消火活動を行います。

 

一人でできない場合は、迷わず大声を出したり、物を打ちつけて大きな音を出すなどして火災が起きた事に気づいてもらい、一致団結して消火活動を行いましょう。

 

今は、各家庭に火災報知機の設置が義務付けられているので火災報知機が生きていれば火災を回りに知らせるのは従来よりもかなり容易になりましたね。

 

 

 

通電火災に気をつけよう☆

 

地震 火災

通電火災とは、地震により電気供給がストップし、
数時間後、数日後に電気供給が再開した時に、
火災が起こってしまうことを言います。

 

阪神淡路大震災の時の原因不明の火災の6割は、
この通電火災
でした。

 

避難所などに近隣住民が避難し、誰もいない所で起こる火災でもあるので火災はどんどん大きく広がります。

 

通電火災を起こさないようにするには、電気ブレーカーを落とす事です。そして、再び電気を使おうとする時は、倒れている電化製品はないか、コンセントやガス管など破損してないか、家中をチェックしてからブレーカーをあげて通電を再開する事が肝心です。

 

感震ブレーカーを導入している場合は、地震を感知すると自動停止しますので
ブレーカーを落とす必要がありません。

 

 

 

ノーバーン〔火災予防製品〕

 

アメリカからの輸入品で、海外では絶対の人気を誇っています。
このノーバーン〔火災予防製品〕は、住宅や家具やカーテンなど木材や繊維製品に
塗布しておくことで、火事になった時、火の回りや延焼を防ぐという画期的商品です。

 

仮に出火してしまったとしても、火の回りが非常に遅いので、
消火や避難が容易になります。