南海トラフ大地震 対策

地震総合ナビ★大地震対策どっとこむ>南海トラフ大地震 対策

 

大阪市中心部や天王寺公園などの真下を42Kmにわたって上町断層帯が存在しています。

 

上町断層帯で地震が発生した場合

 

  • 想定地震震度  M7,6
  • 想定死者数   42,000人
  • 想定負傷者数 220,000人
  • 建物予想全倒壊数  560,000棟
  • 火災による予想死者数  7,500人

 

東京首都直下型地震の3,5倍規模の被害が予想されています。

 

 

 

東海地震
猿投高浜断層(豊田市の猿投山から豊明市〜大阪市〜高浜市〜西尾市までの活断層)

 

名古屋市直下に存在する猿投高浜断層における地震の被害予

 

  • 想定地震震度       M7,6
  • 想定予想死者数   11,000人
  • 建物予想全倒壊数 300,000棟

 

過去、このラインで起きた地震 被害人数約8,000人
   1845年 安政東海大地震(M8,4)
   1891年 直下型 濃尾大地震(M8,4)
   1994年 東南海地震(M7,9)