住宅 耐震工事

耐震工事見積りま専都>耐震工事をする時の注意事項

 

耐震補強工事をすると、

 

ちょっとした小さな地震でも家の揺れ具合が

 

まったく違くなるのを実感できます。

 

写真を撮ってもらう

 

業者さんに工事する前と工事した後の両方の写真を撮ってもらいましょう。

 

パッと見で分かるリフォームなどと違って、耐震工事の場合、
壁の中やら柱やら内部をいじることも多くあまり見た目では実感が沸かないとも言えます。

 

特に、屋根裏や床下などに職人さんがもぐって工事をされている場合
実際何をしているのか検討もつかないという不安もありますよね。

 

「こういう金物がつきましたよ!」というのが目に見えて分かれば
なんとなく気持ちの良いものです。

 

工程を業者と打ち合わせ

 

工事をする時、特に家の内部を工事する時は、
業者と工程(=どのような順番で工事を進めるか)を
決めておかないと、日常生活に支障がでてきます。

 

またいっぺんに複数の職人さんを入れて
一気に家全体の工事を終了させる業者さんもいます。

 

その場合、何日にどの部分をどうするだとか更に
一日の工程なども教えてもらっておくと
生活に計画がもてて過ごせるはずです。

 

家族みんなで話し合い

 

ご家族みんなで工事をするということについて話をすることが一番大事です。

 

家族みんなが「こういう風にしよう!」という結論に達した時に
耐震診断そして耐震工事をするのが家族円満の秘訣です。