住宅 耐震工事

耐震工事見積りま専都>よくある家の不安FAQ

 

 

家が揺れるけど大丈夫?

単純に揺れるからと言って、その家の耐震が駄目かと言うと駄目ではないです。 重機などの重たい物が道路を通ると、どこの家でも揺れますので一概に危ないとは言えません。 これは地盤が揺れることによって家が揺れるという当たり前の現象なので、あまり心配する必要はありません。

 

 

外壁とか家の中にヒビ割れがあるのですが。。

気にしなくてもいい場合と耐震補強が必要な場合との2通りがあります。 細く入ってるヒビはあまり気にしなくても大丈夫な事が多いです。 特に、塗った壁は、乾燥してくると細かい繊細なヒビが入るのが当然ですので気にしなくていいです。 但し、ヒビの入り方によっては、耐震補強が必要な場合があります。 専門家が見れば、【このヒビは構造自体のヒビ】とか【塗装のヒビなので材料自体は問題ないですね】とか 分かります。 写真である程度判断できますので、気になるところは写真を撮ってお送りください。

 

 

ドアが閉まらないんですが。。

不同沈下によって家が沈んでしまいドアが閉まらなくなってしまった危険な場合と、
木の乾燥のねじれ”によって扉が閉まらなくなる場合の 2通りがありますので、
専門家の診断が必要です。

 

*不同沈下=地盤によって閉め固まっている所と閉め固まっていない所が同じ土地の中でもあったりします。その際、柔らかい地盤の方に向かって家が沈んでいく現象

 

 

床の"きしみ”は大丈夫?

木の乾燥によって起こる事が多いのであまり心配する必要はありません。

 

 

床が傾いているような気がする

不同沈下の可能性が多いので耐震診断が必要です。

 

 

2002年に建てた家は地震の時、大丈夫?

2000年6月以降に設計された住宅は、図面どおりに施行が行われていれば、震度6の地震でも 一応耐えられるように作られています。 1981年(昭和56年)から2000年の間に建てられた住宅は耐震診断した方がいいです。 図面やチェックシートでおおよその耐震診断ができますので、当サイトのシステムをお役立てください。 また1981年(昭和56年)より前の住宅は、住まわれているご家族のことを考えると、早急な耐震診断⇒耐震補強を強くお勧め致したいです。 まずはご連絡ください。

 

 

マンションで自分の所有分だけ耐震補強したい

マンションのような集合住宅では一室だけの耐震補強は非常に難しいです。全体のバランスが大事なので、その一部分だけ 耐震補強できたとしても耐震面では非常に厳しい状態。不安定であることからマンション全体の倒壊につながります。 集合住宅は個人ではどうしようもなく耐震診断だけで数百万かかりますし、まずは管理組合で提案して〜という手順が必要。 マンションに住む場合や購入する場合は、特に"安全であるという証明”のあるマンションを選ぶことが大切です。