住宅 耐震工事

耐震工事見積りま専都>耐震基準?1981年とか2000年の基準ってなに?

 

1981年(昭和56年)5月以前に設計された家

 

 

・壁=筋交いが入っていないことが多い。

 

金物で強固に耐震補強していないので、筋交いがあっても揺れの時に外れて
倒壊を引き起こします。

 

 

・建物基礎=基礎部分のコンクリートに鉄筋を使用していない。

 

建物との一体性がなく地震の時に非常に弱く不安定な状態です。

 

 

・接合部分=耐震金物を設置していません。

 

地震などの揺れの時にそれぞれがバラバラに外れる可能性が高いです。。

 

 

 

1981年〜2000年(平成12年)6月以前に設計家

 

 

建築基準法の改正により、 壁量の基準が強化されました。

 

 

 

2000年(平成12年)6月以降の家は・・

 

 

・壁=強い揺れにも耐えられるようにバランス良く壁を設置、

 

金物で強化した筋交いや板を設置すると共に、
算定した壁の耐震倍率を基に壁量計算をしてバランス良く壁を配置。

 

 

・建物基礎=基礎コンクリート部分に鉄筋を挿入。

 

有筋基礎により、建物と基礎が一体となり揺れに強い。
土台には、防腐剤を使用
しています。

 

 

・接合部分=耐震金物を設置。

 

構造接合部分に耐震金物を設置し補強し倒壊を防いでいます。

 

建築基準法=住宅建築時の法律

 

大地震が起こって大きな被害が出る度に、建築基準法が改正されてきました。

 

その中でも特に大きな改正があったのが、

 

1981年(昭和56年)6月と2000年(平成12年)6月です。

 

家の耐震等級って業者によって違いがあるの?

 

家や地盤の現状や、築年数、図面どおりに施工が行われているかなどチェックしてその結果を 耐震診断専用ソフトに入力し、家の耐震強度が確定されます。

 

耐震工事の提案は、建築士が、壁や筋交いや金物などなどを補強した場合を入れて、
どのくらいの地震に耐えられるかを算定します。

 

建築士の方によって、どこをどう補強するか目の付け所が違いますので、
耐震工事の提案は全く違ったものになります。

 

よって、どの提案を選ぶかによって、家の仕上がりも見た目も、
違ったものになります。

 

*耐震診断専用ソフトは複数あり、国の基準審査を通過したものだけが使用できます。