住宅 耐震工事

 

 

謹んで地震による災害のお見舞いを申し上げます。このたびの東北地方太平洋沖地震、その他相次ぐ地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。また、被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。被災された皆様の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

住宅 耐震

 

住宅 耐震

Photo by M.Yoshimine

 

でも!耐震補強工事をすれば、あなたと

 

あなたのご家族の命を守ることができます。

 

 

 

地震対策として、真っ先に挙げられるのが、住宅の耐震改修ですね。住宅の耐震補強工事は、
そのままの家に済み続けながら工事が出来ることと、住宅を解体して新しく建築する場合に比べて、耐震補強工事を施した場合その費用は立替の約半分の金額ですむという利点があげられます。又、住宅の地震対策として、耐震、免震、制震、レスキュールームがあります。。

 

一昔前、建築士マンション構造計算書偽造問題やが発覚し、 住民の退去etcいろいろありましたが、しかしそれは、あくまで新基準に適合していないだけであり、 実は、それよりも古くて危険なマンションや住宅に住んでいる方が大多数なのに、それについてはほとんど問題視されず、気にする方もいませんでした。現在に至っても 住宅の耐震化は一向に進んでいないのが現状です。

 

日本は今、100年周期で繰り返す地震周期に入っていて
関東直下型地震や東南海地震の発生が懸念されています。

 

ぶっちゃけどうなの!? 耐震補強って本当に必要??

 

結論から言うと、耐震補強工事はしておいた方が無難です。しかしながら、震度6強であっても、耐震補強工事すらしていないオンボロの古〜い民家が倒壊しない場合もあります。それは、

 

住宅が倒壊するかどうかは、震度ではなく、地震動周期によるからです。倒壊するかどうかが決まる住宅の共振と振動振幅は、地震動周期の違いによって変わってきます。

 

震度6強で、古い民家が倒壊しない場合もあれば
逆に震度6弱で、新建築基準法以前に建てられた住宅全てが倒壊する場合もあります。

 

東日本大震災は、長周期地震動(地震動周期が数秒〜数十秒周期のゆっくりとした長い揺れ)でした。長周期地震動は、高層ビル等の大型構造物が共振しやすく、低層建物は共振しにくい特徴があります。よって、古い民家でも倒壊しなかった例が多かったのです。むしろ津波や土砂崩れ、液状化現象により住宅が消滅、損傷したのです。

 

一方、阪神大震災は、直下型地震でした。
現在の新建築基準法は、阪神大震災クラスでも耐えられるように設定されています。

 

どのような地震が来るか確実にわかるわけではないので、耐震補強工事はしておいた方が無難です。下記、ちょっと衝撃映像です。↓

防災科学技術研究所が行った【在来木造住宅震動台実験】