モーツアルト オペラ 魔笛

モーツアルト>モーツアルト オペラ「魔笛」解説3

 

 

 

 

モーツアルト オペラ 魔笛

 

また、「魔笛」で一番注目していただきたいところは、アリアの名曲が沢山つめ込まれているところです。

 

有名メロディーのオンパレード。誰もが多分一度は耳にしたことのある、ものすごく高い声域で歌う「夜の女王のアリア」、パパゲーノとパパゲーナによる、楽しい二重唱「パ・パ・パ」など素晴らしいメロディーの宝庫です。

 

 

「夜の女王のアリア」はソプラノ歌手が一度は歌わなければいけないほどの名アリアです。高音域での激しいアップダウン、正確な音を素早く当てていくには長年養った技術、トレーニングが必要です。

 

この曲を美しく歌えるには、相当優秀な歌手でなければいけません。

 

 

 

 

モーツアルト オペラ 魔笛

ちなみにこれは完全なるムダ知識ですが、この世には世界一音痴なのにこの夜の女王のアリアを録音して、CDにして出した女性がいます。彼女の名は、フローレンス・ジェンキンス。お金をわざわざ出して、聞くに耐えない演奏を聞くのはもったいないので、興味のある方は、ぜひ一度彼女の名をネットで検索してみてください。

 

話の話題が少しずれてしまいましたが、私が個人的に魔笛の中で一番好きな歌は、パパゲーノとパパゲーナによる、「パ・パ・パ」の二重唱です。

 

 

モーツアルト オペラ 魔笛

 

冒頭は、お互いを「パ」、「パ」と呼び合うだけなのですが、後に二人の愛情が高まるにつれ、段々と音楽も明るくなっていきます。

 

鳥の格好をして二人は出てきますが、とても人間的というか、素直な愛情表現が真っ直ぐに音符になって観客に届けられるのです。

 

 

 

 

 

関連ページ

モーツアルト オペラ「魔笛」解説1
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ「魔笛」解説2
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ「魔笛」解説4
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ「魔笛」CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪