モーツアルト オペラ 魔笛

モーツアルト>モーツアルト オペラ「魔笛」解説2

 

 

 

モーツアルト オペラ 魔笛

 

これら2つは、イタリア語で書かれたものであり、この魔笛で用いられているジングシュピールという形式は、ドイツ語で書かれたものです。

 

ジングシュピールを現代の人に簡単に説明するとしたら、ミュージカルといったところでしょうか。

 

オペラというと、真面目でつまらないというイメージがあると思いますが、ジングシュピールは、歌の他にも演技や、踊り、セリフやコメディなどが含まれており、誰しもが楽しめるスタイルの音楽です。

 

また題材は主にロマンティック、コミカル、メルヘンといったものであり、悲劇が使われるようなことはありません。このおかげで、オペラというものは敷居が高い芸術として人々から見られるようになることが少なくなったことでしょう。

 

 

 

モーツアルト オペラ 魔笛

オペラ、「魔笛」のストーリー自体は、モーツアルトと脚本家との間でつじつまが合わず、物語が少してんやわんやになってしまっている箇所も見られますが、基本的に明るく、楽しい物語が繰り広げられ、子供から大人までどの年代の方が見ても楽しめる作品でしょう。

 

ストーリーが少しわかりづらいため、ただ音楽や演技をもろもろ楽しみながら鑑賞するというのも、良いのではないでしょうか。

 

関連ページ

モーツアルト オペラ「魔笛」解説1
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ「魔笛」解説3
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ「魔笛」解説4
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ「魔笛」CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪