モーツアルト オペラ フィガロの結婚

モーツアルト>モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」解説1

 

 

 

モーツアルト オペラ フィガロの結婚

モーツアルトは、ピアノソナタ、交響曲、弦楽四重奏と数えきれないほどの名曲をこの世に残していますが、モーツアルトの残した偉大な形跡の一つとしてオペラがあります。

 

モーツアルトは、オペラ職人として大変優れた作曲家でした。オペラ、「フィガロの結婚」はモーツアルトのオペラということに限らず、大変人気のある作品でしょう。

 

この作品は、原作はピエール・オギュスタン・カロン・ド・ボーマルシェによる喜劇、「狂おしい一日、あるいはフィガロの結婚」というもので、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテが原作にテキストを加え、そのテキストに次々と曲をモーツアルトがつけ、6週間で完成させたそうです。モーツアルトが30歳のとき、1786年に書かれた物で、作曲者自身による指揮でウィーンにて初演されました。

 

 

 

モーツアルト オペラ フィガロの結婚

モーツアルトのオペラが出てくる前は、大抵はギリシャ神話を元にした物語が多く、オペラを聴きにくるのは貴族の楽しみでした。

 

ですが、モーツアルトは貴族だけでなく一般人の人にでも楽しめるようなオペラを作りたいと試みたのか、民衆の好まれるような身近な話題のものを取り上げた脚本を用い、そこに劇としての感情表現、ユーモアといった要素をふんだんに取り入れて完成させました。

 

これをオペラ・ブッファといいます。

 

 

オペラ、フィガロの結婚は、このオペラ・ブッファという形式によって書かれた物です。先ほど説明した、貴族用にバロック時代などに書かれていたオペラは、オペラ・セリアと呼ばれています。

 

関連ページ

モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」解説2
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」解説3
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」解説4
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪