モーツアルト オペラ フィガロの結婚

モーツアルト>モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」

モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」記事一覧

モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」解説1

モーツアルトは、ピアノソナタ、交響曲、弦楽四重奏と数えきれないほどの名曲をこの世に残していますが、モーツアルトの残した偉大な形跡の一つとしてオペラがあります。モーツアルトは、オペラ職人として大変優れた作曲家でした。オペラ、「フィガロの結婚」はモーツアルトのオペラということに限らず、大変人気のある作品...

≫続きを読む

 

モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」解説2

モーツアルトのフィガロの結婚でまず有名なのが、「フィガロの結婚」序曲です。あまりの完成度の高さからか、コンサートでこの序曲単独で演奏されることも度々あるほどです。序曲は、序奏なしにいきなり速いスピードで、弦楽器とファゴットによる、観客がざわざわと話しているかのようなフレーズから始まります。そのフレー...

≫続きを読む

 

モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」解説3

ここで、「フィガロの結婚」曲中の中でも特に有名なフィガロのアリア「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」とケルビーノのアリア「恋ってどんなものかしら」の2曲について簡単に解説していきたいと思います。これら2曲は、よく演奏会でも単独演奏される機会が非常に多いです。「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」は第1幕の終わり、主人...

≫続きを読む

 

モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」解説4

次に有名な曲は、「恋とはどんなものかしら」というケルビーノが第2幕の場面で歌うアリエッタです。この歌は、ケルビーノが慕っている伯爵夫人に対して、恋への憧れについて書いた思春期の少年らしい可愛らしい歌です。ケルビーノは、メゾ・ソプラノの設定です。“恋とはどんなものか 知っておられるあなた様方、僕が胸に...

≫続きを読む

 

モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」CD選び方

【モーツアルト オペラ 「フィガロの結婚」】 お薦めCD&DVDモーツアルト歌劇「フィガロの結婚」K.492 カール・ベーム指揮  ウィーン国立歌劇場日本公演1980年演奏:カール・ベーム(指揮)ウィーン国立劇場(オーケストラ)         ヘルマン・プライ、ルチアポップ他 (歌手)“昔からのオ...

≫続きを読む