モーツァルト オーボエ協奏曲

モーツアルト>モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説3

 

 

 

モーツァルト オーボエ協奏曲

第2楽章は、穏やかに弦楽器をメインとした旋律ではじまります。テンポは、アダージョ・ノン・トロッポと記されています。

 

ノン・トロッポは「度を過ぎない程度に」、という意味ですので、ゆったりとはしていますが、確実に前に前進していくような印象を受けます。オーボエが奏でる哀愁漂う、もの悲しげなメロディーについついうとうとしてしまうことでしょう。

 

といっても、長はト長調で書かれている為、明るく穏やかな印象です。前楽章にもあったように、また楽章最後に美しいオーボエのカデンツァがあります。

 

 

 

モーツァルト オーボエ協奏曲

第3楽章、アレグレットは非常に軽快でユーモア溢れる曲調です。出だしは、いきなり独奏オーボエから始まります。ジャンプしているかのように、朗らかで軽い主題です。

 

この主題は、楽章を通して何度もリピートされます。私はこの楽章を聞くと、ついついハイジの村に出てくるようなのどかな村で、カントリーダンスを楽しそうに踊っている人たちを思い浮かべてしまいます。オーボエの華やかなパッセージが続き、また優雅なカデンツァが登場します。カデンツァのあとに再度主題がオーケストラによって演奏され、軽やかに幕を閉じます。

 

モーツアルトの作曲したオーボエ協奏曲は、全楽章を通して長調で書かれていたり、全楽章最後に華やかなオーボエのカデンツァがあったりと、表情豊かなオーボエの音色を心底から楽しめる曲となっています。

 

今まで特にオーボエに興味がなかったという方も、この曲を聴けば、その奥深い魅力溢れるオーボエの音色に、すぐに虜になってしまうことでしょう。

 

関連ページ

モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説1
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説2
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪