モーツァルト オーボエ協奏曲

モーツアルト>モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説2

 

 

 

モーツァルト オーボエ協奏曲

それもそのはず。何と、モーツアルト作曲のフルート協奏曲第2番にも同じ番号が与えられているのです。

 

フルート協奏曲は、このオーボエ協奏曲を編曲して出版されたものだと伝えられていますが、詳細は未だ不明です。違いのある部分は、フルート協奏曲は長2度高いニ長調で書かれていること。オーボエ協奏曲はハ長調で書かれており、一部ソロのパートに違いがあるだけで、ほぼ中身は一緒のものだそうです。

 

 

モーツァルト オーボエ協奏曲

 

オーボエ協奏曲は、全部で3楽章の構成で成り立っています。高音域で演奏される部分が、大変多いため、定番曲ではありますが、弾きこなすようになるまでは相当の努力が必要とされるでしょう。

 

 

第1楽章は、アレグロ・アベルト(はっきりと)、で書かれています。オーケストラによる、軽やかな前奏が華やかに幕を上げます。オーボエが階段を颯爽と駆け上がるかのように現れたかと思ったら、オーケストラの伴奏に合わせて、長いドーの音を弾きます。

 

 

モーツァルト オーボエ協奏曲

 

私はこの曲をよく伴奏で弾くことがあるのですが、この長いドーの音の箇所でいつも“どれだけあんなに息が続くのだろう?”、“途切れないように頑張って!”などと、ついつい心配になりつつも、オーボエ奏者を応援したくなる箇所です。

 

その後は、オーボエソロの出番。
技巧的に難しいパッセージが長く続きます。

 

オーケストラの伴奏は、シンプルでとても静かですが、オーボエと対話しているかのように感じさせるメロディーです。

 

短い展開部を特徴とし、楽章の最後にオーボエソロによるカデンツァがあります。とても自由で伸びやかで暖かい音色は、春の訪れを感じさせるかのようです。

 

関連ページ

モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説1
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説3
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪