モーツァルト オーボエ協奏曲

モーツアルト>モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】

モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】記事一覧

モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説1

伸びのある、暖かくて神秘的な音色を奏でる木管楽器、オーボエ。そのオーボエの楽器の特徴を最大限に生かした名曲に、このモーツアルト作曲、オーボエ協奏曲 K.314があります。モーツアルトは、他の作曲家に比べて、数多くの楽器のための協奏曲を書きました。ピアノ、ヴァイオリンなど定番楽器以外にも管楽器、木管楽...

≫続きを読む

 

モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説2

それもそのはず。何と、モーツアルト作曲のフルート協奏曲第2番にも同じ番号が与えられているのです。フルート協奏曲は、このオーボエ協奏曲を編曲して出版されたものだと伝えられていますが、詳細は未だ不明です。違いのある部分は、フルート協奏曲は長2度高いニ長調で書かれていること。オーボエ協奏曲はハ長調で書かれ...

≫続きを読む

 

モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】解説3

第2楽章は、穏やかに弦楽器をメインとした旋律ではじまります。テンポは、アダージョ・ノン・トロッポと記されています。ノン・トロッポは「度を過ぎない程度に」、という意味ですので、ゆったりとはしていますが、確実に前に前進していくような印象を受けます。オーボエが奏でる哀愁漂う、もの悲しげなメロディーについつ...

≫続きを読む

 

モーツアルト【オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】CD選び方

【モーツアルト オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314】 お薦めCDモーツアルト:オーボエ協奏曲演奏:カール・ベーム(指揮)/ゲルハルト・トゥレチェック(オーボエ)               ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団“ソロのオーボエとオーケストラの非常に安定した演奏は、オーボエ初心者の方から...

≫続きを読む