モーツァルト ヴァイオリンソナタ

モーツアルト【ヴァイオリンソナタ第34番 変ロ長調 k378

モーツアルト【ヴァイオリンソナタ第34番 変ロ長調 k378記事一覧

【ヴァイオリンソナタ第34番 変ロ長調 k378】解説1

聴いているだけで心がうきうきしてきた…ついに春がやってきた…聴いているだけでそんな明るいイメージがぱっと浮かぶ曲、それがモーツアルトヴァイオリンソナタ34番です。モーツアルトが数多く残したヴァイオリンソナタの中でも、この曲は演奏会などで頻繁に披露される機会が多い曲の一つです。ヴァイオリンソナタ第34...

≫続きを読む

 

【ヴァイオリンソナタ第34番 変ロ長調 k378】解説2

モーツアルトのヴァイオリンソナタ第34番 変ロ長調 k378の第1楽章の冒頭。まずは、ピアノが主旋律を唄うように奏でます。この冒頭は、何だかベートーベンソナタ“春”と似たような雰囲気を持っている気もします。ベートーベンはここから影響を受けたのかもしれません。非常に明るく、伸びやかな雰囲気で演奏される...

≫続きを読む

 

【ヴァイオリンソナタ第34番 変ロ長調 k378】CD選び方

モーツアルト ヴァイオリンソナタ第34番 変ロ長調 k378お薦めCDモーツァルト: ヴァイオリンソナタ第34番 変ロ長調 k378演奏;ピアノ:クララ・ハスキル/ヴァイオリン:アルテュール・グリュミオー“綺麗で安定した音色は、モーツァルトヴァイオリン奏者で特にこだわりがない方へ。初めてこの曲を聴く...

≫続きを読む