モーツアルト ピアノソナタ

モーツアルト>モーツアルト【ピアノソナタ第12番、K.332】解説1

 

 

 

モーツアルト ピアノソナタ

 

モーツアルトのピアノソナタといったら、K.331のトルコ行進曲付きのソナタを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。音楽を専門に勉強されている方でなくても、トルコ行進曲は誰でも耳にしたことがあるでしょう。

 

前作である、ピアノソナタ第11番トルコ行進曲付きの人気があまりにも高く、このピアノソナタ第12番は、影のような存在になってしまいました。

 

 

 

モーツアルト ピアノソナタ

 

よって、モーツアルトのピアノソナタ第12番、K.332を一度も聴いたことが無いという方も多いかもしれません。しかし、ピアノを習った方なら、一度は弾いたことがあってもおかしくない、定番中の、そしてモーツアルトの名曲ソナタです。

 

この二つのソナタ(ピアノソナタ第11番トルコ行進曲付きとピアノソナタ第12番、K.332)は同年、1783年にウィーンかザルツブルクで作曲されたといわれる説があります。

 

 

 

モーツアルト ピアノソナタ

モーツアルトのピアノソナタ第12番、K.332の第1楽章の主題は、ゆったりとそして優雅に美しく唄われます。明るいモーツアルトの性格が現れているような曲調で、リズミカルに曲は進んで行きます。

 

が、中間、第1主題から第2主題に移行する部分で急に雰囲気が変わります。明るいヘ長調から、ニ短調へ。そして、薄暗い雰囲気のハ短調へとどんどん変わって行きます。急にモーツアルト、機嫌悪くしちゃったかな?この部分は、私のお気に入りの部分です。

 

 

モーツアルト ピアノソナタ

モーツアルトは、一般的にいつも明るいイメージがありますが。この移行部分はフォルテとピアノの強弱の変化を多用に使い、まるでベートーベンのような暗さを醸し出しています。

 

そしてこの移行が無事にハ長調につながります。第2主題はさっきまでの暗かった部分がどこに行っちゃったのかと思ってしまうほど、明るいメロディーになっております。お天気雨が通り過ぎて行ったのでしょうか。と、また途中で雲行きが怪しくなり、先ほどのベートーベンチックな部分が出てきます。またすぐに雲は去り、穏やかに元の調に戻り、優雅に終わります。

 

関連ページ

モーツアルト【ピアノソナタ第12番、K.332】解説2
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト【ピアノソナタ第12番、K.332】CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪