モーツアルト

【ピアノソナタ第11番 K.331 イ長調 “トルコ行進曲付き”】解説3

 

 

 

モーツアルト

 

モーツアルト作曲ピアノソナタ第11番K.331 イ長調の第2楽章は、メヌエットとトリオ。

 

メヌエットの冒頭は、フォルテで始まりますが、すぐにピアノへと変わります。3拍子で流れるメヌエットは、聴いているとついつい足でステップを踏んで、踊りたくなってしまいます。哀愁漂うメロディーもちらほら出て来る箇所もあり、モーツアルトの豊かな感情表現に魅了されることでしょう。

 

トリオも、メヌエット同様、フォルテとピアノの強弱の変化が頻繁に出てきて、表情豊かです。フレーズは不規則に書かれているので、この時代の曲にしては非常に独創的な楽章であったとも言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

モーツアルト

第3楽章は、説明不要といってもおかしくないくらい、かの有名なトルコ行進曲です。当時ウィーンで流行していたトルコ趣味を上手く取り入れた曲調になっております。軍楽隊といったら、皆さんはとっさにどんなものを想像されますか?
シンバル、打楽器、リズムよく進んで行く兵隊さん…そんなものをイメージされるのではないでしょうか。このトルコ行進曲では、左手の伴奏は一定にリズムを刻み、テンポよく進んで行く様は、打楽器を彷彿させます。

 

この楽章の雰囲気も、1楽章の穏やかで美しいイメージとは対比して、強く、勇ましく、リズムよく進んで行きます。フィナーレは華やかに、盛大なパレードの終わりを告げるかのように曲が締められます。

 

 

 

 

モーツアルト

モーツアルトのピアノソナタは数多くありますが、それぞれが個性的なメロディーを持っていて、このソナタ第11番も非常に魅力溢れる作品となっております。聴いて楽しむのももちろんですが、是非ピアノで弾いてみることも私はおすすめいたします。特に第3楽章であるトルコ行進曲は、右手だけで演奏、左手だけで演奏、と分けて練習してみてください。お互いに違った表情を持っていて、それぞれの手が主題を持っているかのような会話を、存分に楽しむことができるでしょう。

 

関連ページ

【ピアノソナタ第11番K.331イ長調 “トルコ行進曲付き”】1
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
【ピアノソナタ第11番 K.331 イ長調 “トルコ行進曲付き”】2
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
ピアノソナタ第11番K.331イ長調“トルコ行進曲付き”CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪