モーツアルト

モーツアルト>モーツアルト【ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467】

ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467記事一覧

モーツアルト【ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467】解説1

モーツアルトほど、数多くのピアノ協奏曲をこの世に残した人は、彼以外にいないでしょう。彼が残してきたピアノ協奏曲は、何と27曲にも及びます。20番以降は、特に名作揃いで、どの曲も厳選に選ばれた宝石のコレクションのようです。ピアノ協奏曲第21番は、1785年に書かれたといわれています。これはモーツアルト...

≫続きを読む

 

モーツアルト【ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467】解説2

第1楽章 Allegro。まずは、弦楽器が第一主題を奏でます。行進曲風のような、はっきりとした覚え易い旋律です。やがて管楽器や、木管楽器も加わり、盛り上がります。長い前奏の後、ピアノが階段を駆け上がるかのように突然現れます。華やかにはじまったと思ったと思ったら、ピアノはすぐに長いトリルに入ります。そ...

≫続きを読む

 

モーツアルト【ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467】解説3

第2楽章 Andanteは非常に有名なモーツアルトの楽章の一つです。何故なら、この楽章が、映画「みじかくも美しく燃え」に使用されたのです。私は、この曲が使われた映画のシーンを見たことしかありませんが、どうやら恋愛映画のようです。冒頭から、非常に耳に入りやすい美しいメロディーで聴いていて、非常に心地よ...

≫続きを読む

 

モーツアルト【ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467】CD選び方

【モーツアルト:ピアノ協奏曲第21番】 お薦めCDモーツアルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番演奏:マリア・ピリス(ピアノ)アルミン・ジョルダン(指揮)、ローザンヌ室内管弦楽団“一粒一粒の音が繊細で、非常に美しい演奏。ピリスのカデンツァも聴き所たっぷりです。”モーツアルト:ピアノ協奏曲第20番、第2...

≫続きを読む