モーツアルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調

モーツアルト【ピアノ協奏曲第20番  K.466 ニ短調】 解説1

 

 

 

モーツアルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調

モーツアルトの数多くあるピアノ協奏曲の中でもダントツで人気を誇るのが、このピアノ協奏曲第20番です。

 

ピアノ協奏曲19番を書き終え、それ以降モーツアルトは聴衆が気に入るような“聴きやすい演奏”を作曲することをやめようと決断したのか、20番は今までのモーツアルトと全く違った表情を見せてくれます。20番と対比されたようなスタイルで書かれた21番とは、よくペアとして録音されることが非常に多いです。

 

 

 

モーツアルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調

ピアノ協奏曲第20番を作曲したきっかけは、1785年2月11日の予約演奏会の為。この時期は、モーツアルトがウィーンで華々しく活躍していた絶頂期の時代。

 

あまりにもモーツアルトは急がしすぎて、丁度予約演奏会の前日にこの曲を完成させ、自分自身で試しに演奏してみることもなかったそうです。

 

第20番は、モーツアルトにとっての初めての短調で書かれたピアノ協奏曲。(もう一つは24番)初演は大成功に終わったのですが、あまりのインパクトの強さからか、この曲以降予約演奏会の会員が減ってしまったとも言われています。

 

※予約演奏会とは当時の貴族や上流階級の人たちの為だけに開かれたコンサートのこと。

 

大衆にはあまりうけなかったのかもしれませんが、ハイドン、ベートーベンやブラームスはこのピアノ協奏曲に夢中だったと言います。

 

 

モーツアルト自身は、この曲にカデンツァを書かなかったのですが、ベートーベン、ブラームス共にカデンツァを第1、第3楽章に書きました。演奏家にとっては、非常に演奏家自身の個性を強く表せる曲の一つです。ただ一般的に、録音やコンサートなどではベートーベンのカデンツァが弾かれる事が多いです。

 

関連ページ

モーツアルト【ピアノ協奏曲第20番  K.466 ニ短調】 解説2
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
モーツアルト【ピアノ協奏曲第20番K.466 ニ短調】CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪