モーツアルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調

モーツアルト>モーツアルト【ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467】

ピアノ協奏曲第20番  K.466 ニ短調記事一覧

モーツアルト【ピアノ協奏曲第20番  K.466 ニ短調】 解説1

モーツアルトの数多くあるピアノ協奏曲の中でもダントツで人気を誇るのが、このピアノ協奏曲第20番です。ピアノ協奏曲19番を書き終え、それ以降モーツアルトは聴衆が気に入るような“聴きやすい演奏”を作曲することをやめようと決断したのか、20番は今までのモーツアルトと全く違った表情を見せてくれます。20番と...

≫続きを読む

 

モーツアルト【ピアノ協奏曲第20番  K.466 ニ短調】 解説2

第1楽章が始まった寸前から、観客はこの曲の不気味な雰囲気に驚かされる事でしょう。激しい曲調のように聴こえると同時に悲しさや寂しさという感情も一緒にこみ上げてきます。私はこの冒頭を聴いた時に頭に浮かんでくるのは、大恋愛の末、プロポーズをしたのに難なく断られてしまった男性の思いでしょうか。長い前奏の後、...

≫続きを読む

 

モーツアルト【ピアノ協奏曲第20番K.466 ニ短調】CD選び方

【モーツアルト ピアノ協奏曲第20番 K.466 ニ短調】 お薦めCDモーツアルト:ピアノ協奏曲第20番/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番演奏:クララ・ハスキル(ピアノ)、オットー・クレンベラー(指揮)、フィルハーモニア・オーケストラ“一音一音が真珠の粒のように綺麗なハスキルの演奏。この曲に慣れ親...

≫続きを読む