ベートーベン 葬送

クラシック音楽>ベートーベン>ベートーベン ピアノソナタ葬送

ベートーベン ピアノソナタ 第12番イ長調 作品26「葬送」記事一覧

ベートーベンピアノソナタ第12番イ長調作品26「葬送」解説1

”葬送”と付けられたタイトルを見て、どんなことを想像しますか?このピアノソナタは、1800年−1801年頃に作曲されたものと考えられ、ちょうどベートーヴェンが初期から、中期へかけての変化を遂げたといわれる重要な作品の一つです。なぜかというと、このソナタは今までの型にはまったソナタ形式で書かれていない...

≫続きを読む

 

ベートーベンピアノソナタ第12番イ長調作品26「葬送」解説2

第1楽章。変奏曲のため、はじめに主題が提示されます。穏やかに流れるメロディーは、平和で聴いていて心地良いです。第1変奏、先ほどのシンプルな主題が多少早くなり、動きが見られるようになります。第2変奏、左手部分が主題を引くことになり、今度は先程の雰囲気と一風変わって軽快な調子になります。お転婆な雰囲気、...

≫続きを読む

 

ベートーベンピアノソナタ第12番イ長調作品26「葬送」解説3

第2楽章は、明るく軽快なスケルツォです。第2楽章は、大抵ゆったりとしたアンダンテなどで書かれることが多いのでが、スケルツォがこの楽章に置かれたのはこのソナタが初めてでした。スケルツォの元々の意味は、冗談。あっけらかんとして、楽しい雰囲気です。スフォルツァンド(sf)の箇所が多く見られ、いきなりのダイ...

≫続きを読む

 

ベートーベンピアノソナタ第12番イ長調作品26「葬送」解説4

第4楽章は、コロコロと早い音符が駆け下りたり、駆け上がったりと天真爛漫で明るい音符のオンパレードである。右手の音符と左手の音符がまるで会話をしているかのような印象も受けます。なぜこのように会話をしているかのように聞こえてくるかというと、対位法を使っているからです。対位法とは、バロック時代には重点が置...

≫続きを読む

 

ベートーベン【葬送】CD選び方

【ベートーベン ピアノソナタ第12番イ長調 作品26葬送】のお薦めCD:【ベートーベン ピアノソナタ第12番イ長調 作品26葬送】の おすすめCDベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集演奏:ウィルヘルム・バックハウスベートーヴェン演奏家として、定評のあるバックハウス。この模範的な演奏は、ベートーヴェン初...

≫続きを読む