ベートーベン ピアノソナタ熱情

ベートーベン>ベートーベン ピアノソナタ 熱情 解説1

 

 

 

ベートーベン ピアノソナタ

皆さんは、誰かのことを想いながら、ラブレターを書いたり、一生懸命デートの計画を立てたりして、その人に対する自分の熱い想いを伝えようとした経験は、ありますか。その熱い恋心を伝えるために、曲を書いたのがベートーベンです。

 

ところで、皆さんは、ベートーベンの三大ピアノソナタというものをご存知でしょうか?そもそもソナタというのは、どんな音楽を指すのでしょう?

 

 

 

 

ベートーベン ピアノソナタ

ベートーベンの一歩前のバロック世代(バッハやハイドン)では、鍵盤楽器=チェンバロでした。これは、バッハが愛していた楽器の一つとして有名な物です。実は当時バッハは、ピアノをあまり高く評価していなかったようです。

 

なぜなら、17世紀にピアノがこの世に出たばかりの頃は、ピアノは高音域が弱く、大きな音を出すことも不可能であったため、小さい部屋の中で演奏される楽器だと、認知されていたのです。

 

 

 

ベートーベン ピアノソナタ

現在のピアノに近いピアノは、ベートーベンの耳が聞こえなくなり始めた時期に、出てきました。1800年代までは、音楽は貴族などの富裕層向けの娯楽でした。今でいう、一般人が簡単にチケットを買えばコンサートを聴ける、そんな手軽に音楽を楽しめる便利な時代ではなかったのです。

 

このソナタ音楽というものは、コンサートホールのような大規模な会場ではなく、貴族の邸内などの小規模な会場で演奏されることを前提とした音楽を指します。

 

関連ページ

ベートーベン 熱情 解説2
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
ベートーベン 熱情 解説3
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
ベートーベン 熱情 解説4
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪
ベートーベン【熱情】CD選び方
クラシック音楽を小学生でも分かるように優しく楽しくお話ししています。これで貴方もクラシック音楽通♪