ベートーベン 田園

ベートーベン>ベートーベン 田園【交響曲第6番 田園】

ベートーベン 田園記事一覧

ベートーベン 田園 解説1

田園…皆さんも地元の田舎町に帰って来た時に、ふとのんびりと散歩をしたくなったときはありませんか。木々の音、小鳥のさえずり、川から聞こえてくる水の音。自然って、やっぱり美しいものなのだなあ…と、ふと自然の美しさに癒される、そんな感情をベートーベンは、この曲で表現しました。さて、このタイトル「田園」は、...

≫続きを読む

 

ベートーベン 田園 解説2

ベートーベン交響曲第5番運命と、ベートーベン交響曲第6番田園、この二つの交響曲は、1808年12月22日、ベートーベン自身の指揮、ウイーンフィルハーモニックとの演奏により、初演されました。大曲、同時発表。この他にもミサ曲、ピアノ協奏曲第4番なども発表されたため、一度のコンサートは4時間以上に及んだの...

≫続きを読む

 

ベートーベン 田園 解説3

ベートーベン田園交響曲は、ベートーベンの自然に対する深い愛情を音に表しています。1801年の夏、ベートーベンはウィーン郊外のハイリゲンシュタットという小さな街でぼつぼつと生活していました。難聴が悪化していて、落ち込んでいたのです。そんな時、彼は耳に頼る代わりに、目を頼りに自然の風景をこよなく愛したそ...

≫続きを読む

 

ベートーベン 田園 解説4

ベートーベン交響曲第6番第3楽章「農夫達の楽しい集い」は、この交響曲の中で一番、ユーモラスで楽しい楽章といっても過言ではないでしょう。この曲の舞台は、美しい自然に溢れる田舎町。時には、農民達が街の中心に集まって、さんさんと太陽が人々を照らす中、パーティーが開かれます。4分の3拍子、曲を聴いているとつ...

≫続きを読む

 

ベートーベン 田園CD選び方

【ベートーベン 田園】の おすすめCD:【ベートーベン 田園】の おすすめCD交響曲第6番「田園」コロンビア交響楽団、ブルノ ワルター指揮定番中の定番!初めて、田園を聴くという方にはまずこれを!【ベートーベン田園】の おすすめCD交響曲第5番「運命」&第6番「田園」アニマ エテルナ交響楽団、インマゼ...

≫続きを読む