クラシック音楽

クラシック音楽>ベートーベン>ベートーベン 交響曲第3番 エロイカ

ベードーベン 交響曲第3番 エロイカ記事一覧

交響曲第3番 エロイカ解説1

ベートーベンの書いた名曲、エロイカ。エロイカの語源は、イタリア語で「英雄的」という意味にあたります。なぜこの名前が交響曲に付いたのか、探ってみましょう。元々、この曲は英雄ナポレオンに捧げるために作曲されました。ナポレオンは、コルシカ島出身であることが知られています。その島は、歴史上フランスとイタリア...

≫続きを読む

 

交響曲第3番 エロイカ解説2

最終的に出版に至ったのは、1806年のこと。シンフォニア、エロイカという題名に変わり、“ある英雄の思い出のために”と書き加えられました。ナポレオンに曲を渡すことは取りやめになり、最終的にロブコヴィツ伯爵に寄贈されたそうです。ロブコヴィツ伯爵にはこの交響曲以外にも、Op.18 弦楽四重奏、交響曲第五番...

≫続きを読む

 

交響曲第3番 エロイカ解説3

ベートーベンの作曲した交響曲第3番 エロイカの曲の構成は、四楽章形式で組み立てられています。第1楽章は、巨大な展開部、そして非常に長いコーダ。第2楽章は、緩やかで美しい楽章を使う代わりに、重めの葬式マーチ。第3楽章は、メヌエットではなく、スケルツォ。(スケルツォはジョークという意味)、第4楽章は、ロ...

≫続きを読む

 

ベートーベン交響曲第3番CD選び方

ベートーベン【交響曲第3番 エロイカ】の おすすめCD:ベートーベン【交響曲第3番 エロイカ】の おすすめCDバーンスタイン指揮 ウィーンフィルハーモニック“まずはエロイカを聞いたことがない入門の方に!くせが無く、安定感のある演奏です。”ベートーベン【交響曲第3番 エロイカ】の おすすめCDカラヤン...

≫続きを読む