ベートーベン

クラシック音楽>ベートーベン>ベートーベンの生涯

ベートーベンの生涯記事一覧

ベートーベンの生涯 説明1

ベートーベンといえば、学校の音楽室を思い出す…と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。あのライオンのような髪型、鋭い目つきに、怒っているかのような表情。一度見たら、そのイメージが頭から離れない…そんな強烈な印象を与えるのがベートーベンの肖像画です。さて、そんなベートーベン。いったい、彼はどんな人...

≫続きを読む

 

ベートーベンの生涯 説明2

ベートーベンが16歳のとき、ウィーンを訪れて実際にモーツアルトに会いました。ベートーベンはバッハの平均律を完璧に弾きこなした後、モーツアルトが楽譜を逆さまにするよう指示したのは有名な話です。逆さまの楽譜も初見で見事に弾きこなしてしまったベートーベンを見て、モーツアルトは彼に才能があることを分かります...

≫続きを読む

 

ートーベンの生涯 説明3

♪ベートーベンの生涯 作曲家としての決意耳が聞こえなくなり、ピアニストとして生きて行くことはできないということに気づいたベートーベンは、これからは新たに作曲家としての人生を歩んで行こうと決めます。そうしたら、次々と運命交響曲、田園、ピアノソナタ、オペラなどなど、名曲が仕上がって行くではないですか。ベ...

≫続きを読む

 

ベートーベンの生涯 説明4

ベートーベンは、モーツアルトのようにトイレに行けば、すぐに曲をさらさらっと書き終わってしまうような天才ではなく、努力家でした。作曲をしている時には、他の事に集中することが全く出来ず、パンにカビを生えさせるのは日常茶飯事、ピアノの下はトイレの下水状態。メイドもその場を立ち去って行くような部屋の状態で、...

≫続きを読む