火災保険 比較 賃貸

火災保険 比較 賃貸>日新火災【住宅安心保険】

 

 

日新火災   住宅安心保険

 

 

補償範囲

  • 火災、落雷、破裂・爆発
  • 風災、雹(ひょう)災、雪災
  • 水災
  • 物体の飛来・落下・衝突等
  • 水ぬれ
  • 盗難
  • デモに伴う破壊行為等
  • 航空機の墜落などによる損害
  • 通貨・預貯金証書の盗難
  • 破損・汚損等
  • 事故に伴う費用

       1)臨時費用保険金 2)残存物取り片づけ費用保険金 3)失火見舞い費用保険金
       4)修理付帯費用保険金 5)特別費用保険金 6)損害防止費用


  • 借家人賠償責任・修理費用総合補償特約や地震保険など
     様々なオプションをつけることができます

 

 

罹災時安心サポートがついています

  • 臨時費用保険金10万円を先払い

      (100万円以上の損害保険金が支払われることが確認できる損害状況の時)

  • 後片付け掃除セット
  • 衣類等、直ちに必要な家財購入費用の先払い
  • 復旧に必要な家財の保険金などの先払い
  • 修理仮払い金等の先払い
  • 建物の再建築に必要な金額(新価額)

 

 

上記補償の他に更なる補償をオプションで付帯契約できます

 

家財保険

契約敷地内の家財全てを再購入するのに必要な金額(新価額)が支払われます。
時価30万円を超える貴金属・美術品等の明記物件は申込書に明記する必要ありますが、
もしもの時に全て時価額が支払われます

 

地震保険

地震による火災,損壊,流出などの損害が補償されます。
(地震保険の保険金額は、建物・家財とも「住宅安心保険」の保険金額の30〜50%の範囲内で設定

 

 

個人賠償責任総合補償特約

1)日常生活での偶然な事故により、他人の身体に障害を与えたり、他人の財物を損壊したりした事により
 法律上の損害賠償責任を負った時
2)他人からの借用動産物を損壊し、法律上の損害賠償責任を負った場合
 (支払い限度額10万円、自己負担額5,000円が支払われます。

 

類焼損害補償特約

保険対象の建物から発生した火災・破裂・爆発により他人の住宅が類焼した場合、新価額で損害補償されます。
*但し別の物件から類焼してきた火災・破裂・爆発は補償対象外

 

仮住まい費用補償特約

火災などの事故や偶然な事故による停電・断水・犯罪などの事件により居住不能となった時の仮住まい賃借費用や宿泊費用を補償

 

借家人賠償責任・修理費用総合補償特約

1)不測かつ突発的な事故により借用住宅に損害を与え、法律上の貸主に損害賠償責任を負った時、損害相性筋などを補償(火災・漏水事故等も補償対象)
2)不測かつ突発的な事故により借用住宅に損害が生じ、賃貸借契約に基づいて修復したときの修理費用を補償
 (支払い限度額3000万円)

 

持ち出し家財補償特約

補償建物敷地内から一時的に持ち出した家財に生じた損害を補償
1)火災・盗難・破損や汚損などの損害も補償
2)通貨・預貯金証書は盗難の場合のみ補償
3)支払い限度額30万円(通貨の盗難は10万円)自己負担額3,000円(通貨・預貯金証書は除く
4)明記物件の場合は時価額が補償されます

 

補償対象外特約をつけ保険料を安くすることも可能

1)風災・雹災・雪災危険補償対象外特約
2)水濡れ危険補償対象外特約
3)水災危険補償対象外特約
4)盗難危険補償対象外特約
5)破損・汚損等危険損害補償対象外特約
6)臨時費用保険金補償対象外特約
7)通貨・預貯金盗難危険補償対象外特約
8)特別費用保険金補償対象外特約
9)落下・飛来および衝突危険補償対象外特約

 

地震保険

地震、噴火、津波を原因とする火災・損壊・流失を補償
1)全壊の時 
  ・建物→地震保険金額の全額(時価額が限度)
  ・家財→家財保険金額の全額(時価額が限度)
2)半壊のとき
  ・建物→地震保険金額の50%(時価額の50%限度)
  ・家財→家財保険金額の50%(時価額の50%限度)
3)一部損の時
  ・建物の地震保険金額の5%(時価額の5%限度)
  ・家財→家財保険金額の5%(時価額の5%限度)
*地震保険の保険金額は「住宅安心保険」の保険金額の30〜50%の範囲内
*明記物件は地震保険の対象になりません


 

  1. 住宅安心保険の保険期間は1年間です。

        (1年超え〜最長36年までの長期契約/1年未満の短期契約も可能)

  2. 地震保険の保険期間は1年〜最長5年です。

 

事故受付は24時間365日受付

 

*私が電話で試算してもらったところ、
・賃貸住宅は住宅に対して保険はかけられないので家財のみにかける
 家財補償1000万
 地震保険(建築年割引で昭和56年以降に建てられた家なら割引になる)
 借家人賠償責任・修理費用総合補償特約2000万円(1300万〜2400万が一般的だそうです)
これで一年間の保険料は、37,950円だそうです。

 

高台に住んでいて、尚且つ土砂災害の心配が無い場合は、水災補償を外すと
一年間の保険料は、27,750円だそうです。

 

 

*日新火災【住宅安心保険】はインターネット上でのお見積もりや契約ができません。
  実店舗に来店するか、自身の都合の良い場所で対面する必要があります。