火災保険 比較 賃貸

火災保険 比較 賃貸>日新火災【お部屋を借りるときの保険】

 

 

日新火災   お部屋を借りるときの保険

 

 

補償範囲

  • 火災、落雷、破裂・爆発
  • 風災、雹(ひょう)災、雪災
  • 物体の飛来・落下・衝突等
  • 水ぬれ
  • 盗難
  • デモに伴う破壊行為等
  • 航空機の墜落などによる損害
  • 通貨・預貯金証書の盗難

 

 

補償の詳しい内容

 

借家人賠償責任

    火災・破裂・爆発・水ぬれ により、貸主に対して法律上の損害賠償責任を負った時に適用
    1)損害賠償金の額(1回の事故につき2,000万円限度)
    2)損害賠償責任の解決について、日新火災の同意を得て支出した訴訟、
      裁判上の和解等に要した費用
    (1の額とは別に支払われます)

 

修理費用

.火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災、物体の飛来・落下・衝突等、水ぬれ、盗難、
デモに伴う破壊行為等

    1)実際に要した修理費用(1回の事故につき300万円を限度)

 

個人賠償責任

    日常生活での偶然な事故、又は借りている住宅の使用や管理に起因する偶然な事故により、他人の身体に障害を与えたり、他人の財物を損壊したりした事により法律上の損害賠償責任を負った時
    1)損害賠償金の額(1回の事故につき1億円を限度)
    2)損害賠償責任の解決について、日新火災の同意を得て支出した訴訟、
      裁判上の和解等に要した費用
    (1の額とは別に支払われます)

 

  • 示談代行サービス付き
  • 同居のご家族も補償の対象(子どもの自転車事故などによる損害賠償等も補償対象)

  •  

     

    家財の損害

    .自身が所有している家具・家電・衣服などの家財の損害を補償

      1)再調達価額=同等の家財を再購入するために必要な金額がもらえます
      2)損害保険金(通貨・預貯金証書の盗難の場合)→損害の額(1回の事故につき1敷地内ごとに
        現金は20万円、預貯金証書は200万円または保険金額のいずれか低い額を限度)
      3)残存物取片づけ費用保険金(損害を受けた保険対象の残存物の取片づけに必要な費用)→
        損害保険金の10%の額を限度
      4)損害防止費用→実際に支出した費用

    *地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害については補償対象外。また、地震保険をセットすることもできません。日新火災の地震保険付の賃貸住宅向け火災保険はこちら!

     

    被害事故法律相談費用等

    被害を受けた場合に負担した弁護士費用や法律相談費用を補償

      1)実際に要した法律相談および弁護士相談の費用=1保険期間につき30万円を限度

    *被保険者が身体に障害もしくは被保険者所有の家財が損害を被るった場合に適用
    (自動車に搭乗中に生じた事故は補償されません。)

     

     

    日新火災【お部屋を借りるときの保険】には、地震保険をつけることができません。
    地震による被害を補償したい場合は、日新火災【住宅安心保険】をご選択ください。
    私の個人的意見ですが、やっぱり地震による補償もあるほうが良いと思います。
    大人2人+子ども2人 の世帯の家財再調達額は だいたい1,390円かかると言われています。