火災保険 比較 賃貸

火災保険 比較 賃貸

 

賃貸住宅に入る際に大抵必要とされるのが火災保険です。
賃貸住宅の場合は、建物には貸主が保険をかえているのが普通ですので
借主(入居者)は、自分の家財にかけることになります。

 

で、賃貸住宅を借りて入居する側になった場合、一番重要なのは
なんといっても 借家人賠償補償 がついた保険を選ぶことです。
いくら気をつけていても本当に万が一の事があった場合、
法律上の賠償責任が生じるときがあります。
そんな時、家一軒の解体費用と立替費用を支払わなければならなくなったとしたら・・・
生活がいっぺんしてしまいます。

 

賃貸住宅を借りるときこそ 最低でも
火災保険・地震保険・借家人賠償補償保険に入りましょう。

 

このサイトでは、賃貸住宅の人向けの 保険を一覧にしました。
どうぞ、ご参考にしてください。ちなみに私はあれこれ調べ尽くし、
その上で、保険のプロに相談した結果、セコムの火災保険にしました。

 

 

  • 賃貸住宅は、建物には賃貸はかけられないので家財に保険をかけます
  • 地震保険は(建築年割引昭和56年以降なら安くなります
  • 借家人賠償責任・修理費用総合補償特約(1300万〜2400万)が一般的
 

セコムの 【セコム安心マイホーム保険】

 

 

賃貸住宅向けの保険で、一番補償が手厚く、保険料が安いのが 
ホームセキュリティーで有名なあのセコムの 【セコム安心マイホーム保険】でした。

 

火災保険 賃貸住宅

 

  1. ワイドプラン
  2. ベーシックプラン
  3. スリムプラン

の3種類から選べます。我が家は一番補償が手厚いワイドプランにしました。
火災保険 賃貸住宅

 

  • 火災、落雷、破裂・爆発
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
  • 盗難(通貨等の盗難
  • 建物外部からの物体の落下、飛来、衝突等
  • 給排水設備の事故等による水濡れ
  • 騒擾(じょう)、労働争議に伴う暴力・破壊行為
  • 水災

この上記全てが基本補償です。

 

 

火災保険 賃貸住宅
それにオプションで

  • 臨時費用保険金補償特約(損害保険金×10%)
  • 失火見舞費用保険金補償特約(被災世帯数×200,000円)
  • 地震火災費用保険金補償特約(保険金額×5% *評価額を超える時は評価額)
  • 借家人賠償責任補償特約(25,000,000円)
  • 破損・汚損損害等補償特約(支払い限度額500,000円/免責金額30,000円)

個人賠償責任補償特約などは自動車保険のオプションで入っているので、つけませんでした。
借家人賠償2,500万つけました。それと失火見舞費用保険金を付けると本当に万が一の時、
いくら法律上責任がないといっても、せめてもの気持ちを形にすることができるので心強いですね。

 

で、これだけの補償がついて、なんと保険料金は一年間で13,860円

 

しかも信頼のセコムなので安心です。

 

火災保険 賃貸住宅

 

 

火災保険 賃貸住宅

 

私が調べた限りでは 【セコム安心マイホーム保険】 が ぴか一でした。
ご参考になれれば幸いです。