ブリーダー 子犬

犬 大事典>犬を飼うにあたって>犬の賢い入手方法>ブリーダー 子犬

 

ブリーダー 子犬

子犬を購入するには、ペットショップで買う方法と、ブリーダーから直接買うのが一般的です。インターネットの普及により、ブリーダーから子犬を直販しているサイトが多く見られるようになりました。ブリーダーから直接犬を購入することのメリット・デメリットをみていきましょう。

 

<ブリーダー直販のメリット>

  • 中間マージンがかからないのでペットショップよりも安く買える
  • 流通や陳列による感染症やストレスのリスクが低減する
  • 親兄弟と暮らすことが多いので、社会性が身に付いている
  • 生まれた環境や母犬を確認することができる
  • ネット上なら場所や時間を選ばず多くの子犬を比較できる

 

 

<ブリーダー直販のデメリット>

  • 見学には事前予約が必要で、近くにいるとは限らない
  • 個人繁殖家の場合は個人売買なので保障が不十分
  • ブリーダーの知識や経験に個人差がある
  • 衛生管理に問題があったり無理な大量繁殖をしたりする悪徳業者が要る

 

子犬が育った環境やブリーダーの人柄など詳しい情報を得られることが、ブリーダーから直接子犬を買うことのメリットです。それには、ネットで情報収集ができたとしても、実際に見学に行って自分の目で確認することが重要です。

 

近年、国民生活センターや消費者センターには「ブリーダーから買った子犬が病気だった、すぐに死んだ」などの苦情が多数寄せられています。買う前によく気を付けた上で、問題があった場合はすぐに公的機関に相談しましょう。

関連ページ

犬 ショップ
犬のしつけ方法や犬の選び方,犬の性格や特性や歴史など犬の全てが分かるサイト