ペット 犬

犬の賢い入手方法

 

犬

 

犬は何処で入手するのが良いのでしょうか?

 

犬の入手先としては、

  • ペットショップで購入する
  • 犬の繁殖を専門で行っているブリーダーから直接入手する
  • 保健所などの動物保護施設にいる犬を引き取る
  • インターネットなどで犬の里親募集HPや掲示板などをみて入手する
  • 友人知人などのツテで子犬が産まれたら譲ってもらう
  • 捨て犬をひろってくる
  • 引退した警察犬や盲導犬などの引退犬を引き取る

などの方法があります。

 

また、ジャーマンシェパードやラフコリーなど 一般のペットショップなどでは
販売されていない犬種の場合は、それ相応のブリーダーや 
場合によっては外国のブリーダーやペットショップから入手しないと手に入らない犬種もあります。

 

保護施設にいる犬や 人が飼っていた成犬を引き取る場合は、特に最後までその犬を愛し飼い続けることができるかどうか良く考えてから引き取るようにして頂きたいと思います。

犬の賢い入手方法記事一覧

ブリーダー 子犬

子犬を購入するには、ペットショップで買う方法と、ブリーダーから直接買うのが一般的です。インターネットの普及により、ブリーダーから子犬を直販しているサイトが多く見られるようになりました。ブリーダーから直接犬を購入することのメリット・デメリットをみていきましょう。<ブリーダー直販のメリット>・ 中間マー...

≫続きを読む

 

犬 ショップ

子犬をどこで買ったかを調べる調査では、「ペットショップ(店舗販売)」が64%、「ブリーダーから直接」が28%、「インターネットなどの通信販売」が3%、「インターネットオークション」が2%、「その他」が4%という結果が出ています。ブリーダーの直接販売が増えてきているとはいえ、まだまだペットショップで犬...

≫続きを読む