子犬 しつけ

犬を飼うにあたって>子犬 しつけ

 

子犬 しつけ

 

犬のしつけは早いほど良いと言われています。
子犬のうちにしっかりしつけると、後の生活が
とても楽になります。

 

そう分かっていても、いざかわいい子犬が
家にやってくると、
かわいがることに夢中で厳しくしつけられない、
しつけの仕方がよく分からない、
やってもうまくいかない
などの悩みが出てくると思います。

 

 

子犬 しつけ

まず、子犬のしつけは最初の1ヶ月が
肝心であることを覚えておいてください。
子犬のしつけで最も大切なのは、
「主従関係の構築」です。

 

犬は群れの中のリーダーに従う習性があり、しつけをするには飼い主とその家族が
子犬よりも上位にあることを理解させなければいけません。

 

子犬は新しい家にやってきた日から飼い主や家族の行動から自分の立場を理解します。
そのため、最初の1ヶ月が主従関係の構築にとても重要な期間なのです。

 

 

子犬 しつけ

では、その1ヶ月の間に何をすれば良いのでしょうか?特別なことをする必要はありません。それまでの生活パターンを崩さず、子犬を“お客様扱い”しないことが大切です。子犬が遊んで欲しがったりおやつを欲しがったりした時にいちいち応えてあげていると、子犬は
自分がリーダーだと勘違いしてしまいます。

 

噛みつく、吠える、唸るなどの問題行動がみられる犬は、こういった勘違いをしている可能性が高いのです。逆に、主従関係の構築がうまくいっていると、トイレトレーニングや無駄吠えなどのしつけが非常にスムーズにすすみます

子犬 しつけ記事一覧

子犬 噛む

子犬の噛みグセは、トイレトレーニングや無駄吠えとならんで飼い主さんが頭を抱える行動です。なぜ子犬には噛みグセがあるのでしょうか?子犬が噛む(甘噛みをする)理由は、乳歯から永久歯に生え変わる際に歯ぐきに痒みを感じるためだと言われています。その頃に噛みグセが定着してしまうと、痒みを感じなくなっても噛むと...

≫続きを読む

 

子犬 散歩

生後3ヶ月経って2回のワクチン接種が完了したら、いよいよお散歩デビューです。しかし、いきなり本格的な散歩は難しいので、きちんと準備をしてから徐々に慣れさせていくようにしましょう。【散歩デビューの準備】第一段階として、首輪やリードに慣れさせる必要があります。最初は嫌がる子犬もいるので、リボンをむすんで...

≫続きを読む