災害時の犬の避難

犬を飼う前に>災害時の犬の避難

 

 

動物愛護管理法を管轄する環境省では『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』(※1)という冊子をウェブ上に掲載

 

環境省が同行避難を推進していても、各自治体の対応にはバラつきがあり、避難所によってペットを受け入れてくれるかどうかは不明です。災害時、家族の一員である犬も一緒に非難する必要が出てきます。過去の震災時の反省から、環境省では、『災害時のペットとの同行避難』と、ペットにも災害時の日頃の災害対策が必要と公表されています。環境省のホームページから冊子が読めます。「ペットとの同行避難」は自治体によって対応に大きく差があるので、事前に管轄の自治体へ問い合わせておきましょう。

 

難所の運営をまとめているリーダー的な人物と話をし、ペット用のスペースを確保してもらえるよう説得するか、諦めて他の避難所を探すしかないと考えられます。しかし、災害時に他の避難所を探すのは非現実的ですので、やはり何とかペットの受け入れを認めてもらうよう説得したいですね。その場合は他の被災した飼い主さんたちを見つけて声を掛け、協力して冷静に話し合うということも必要です。また、説得材料としては人用スペースとペット用スペースを完全に分けることや、飼い主さんたちが全員で協力して衛生管理を十分に行うことなどを条件に、諦めず粘り強く話し合いましょ

 

幸運にも避難所へ同行避難できても、その後の仮設住宅の問題があることは、環境省も『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』の中で指摘しています。ペットと一緒に住める仮設住宅へ入れればいいのですが、ペット不可の場合はペットの預け先も考えておかなければなりません。これは仮設住宅を出た後もついてまわる問題で、ペット可の物件に住み替えられるかは分かりません。

 

遠方に住む親戚や知人などに相談しておくことは、ペットを守るためにも必要なことですね。厳しい状況だとは思いますが、そこまで考えておく責任が飼い主さんにはあります。

 

 

犬を飼う前に>災害時の犬の避難>犬の災害対策

 

いざ大規模災害が発生し避難の必要が出た時、困らないように日頃の犬の防災対策をまとめてみました。備えあれば憂いなし!!! 人間の避難グッズや災害シュミレーションと一緒に、犬の防災対策を日頃からしておきましょう。

 

犬に『飼い主情報・連絡先を装着する』

大災害が起こった時、パニックになって逃げ出してしまう犬もいるようです。飼い主情報(名前、住所、電話番号、緊急連絡先など)が刻印されたネーム札を首輪につけておく方法が平常時には一般的ですが、災害という異常事態においてネーム札がとれてしまったり壊れてしまったりすることもあります。そうなってしまうとネーム札では用を足せなくなってしまいますね。

 

犬が迷子にならない一番確実な方法は、マイクロチップを埋め込むことです。動物病院で言えばマイクロチップ埋め込みをしてもらえます。埋め込むといっても一度だけ注射をするだけです。費用も病院によりばらつきはありますが数千円です。一度マイクロチップを埋め込めば万が一、離れ離れになって犬が保護された場合でも飼い主の元に無事返すことが可能になります。

 

犬が迷子にならない為の確実な手段として是非、マイクロチップ装着をしておきましょう。動物愛護管理法では、犬へのマイクロチップ装着が定められています。是非マイクロチップ装着をしてあげてください。

 

 

躾をちゃんとしておく

いくら環境省が『ペットとの同行避難』を推奨していると言っても、あまりにも非常識な飼い主とあまりにも躾の行き届いていない迷惑犬では、周囲との様々な軋轢は避けられません。こちらも日頃から犬にきちんとした社会性を身につけさせ、行き届いた躾をたたきこんでおくことが犬と自分を守る為の飼い主の最低限のマナーであり義務でもあります。

 

「座れ」「待て」「伏せ」「止め」の合図で犬自身が行動を正せるようにしておくことはもちろん、「ワンツーワンツー」の合図で排せつするなど躾をたたきこむ必要があります。自分だけで犬を躾ることが難しければ、犬の訓練士に頼んでトレーニングしてもらうのが近道で楽です。泊り込み合宿で躾を入れてもらうことも可能ですし、訓練所や犬の学校に通って躾を入れてもらう方法や、自宅まで訓練士に通ってもらって犬に躾をいれてもらうこともできます。どうしても大型犬ほど料金は高くなります。

 

 

犬の避難グッズを用意しておく
  • ドッグフード(いくら犬と避難同行推奨とは言ってもドッグフードの用意はなかなかしてありません。自分の犬の飲み食い分は1か月分も備蓄あればとりあえず安心です)
  • 犬用の水
  • 犬用の食器
  • 予備の首輪とリード(長引く避難生活で壊れることも想定して首輪とリードを最低1つづつは用意しておきましょう)
  • キャリーバッグやケージなど(犬用ハウスに日頃から慣れさせておく事も大切です)
  • ペットシーツ
  • 排泄物の処理用品
  • 予防接種等の履歴一覧
  • 薬(ノミ対策の薬を持っていると非常時には重宝します)
  • タオル
  • 犬用ブラシ
  • 水のいらないシャンプー(あまり多用したくないですが最終手段としてのお守りとして)
  • 犬用靴(大災害で瓦礫だらけ等の時、犬の足を守ります)
  • 犬のお気に入りの玩具

 

 

犬を飼う前に>災害時の犬の避難>災害時に役立つ犬になる

 

犬を連れて避難するのが環境省で推奨されているとは言え、犬やペットを飼っていない人にとっては、避難所や仮設住宅に犬がいるということ事態を受け入れることが困難な人がいるのもゆるがせられない事実です。そんな時、犬のほえ声は、日頃の躾でやめさせる事ができたとしても、犬の匂いに関してはどうしようも出来ません。水を潤沢に使える状況ならば犬をお風呂に入れてあげることも、犬の体を搾ったタオルで入念にふいてあげることも出来ますが、災害時の避難場所にて犬の入浴にまで十分な水を確保することはなかなか難しいです。

 

犬に対する非難の声や苦情が出て嫌な思いをすることが嫌な場合、犬を訓練して災害時に役立つ犬にしてしまうという方法があります。例えば、

  • 災害救助犬になる!
  • 警察犬になる!

この2点が一番実践的に役立つ方法です。被災者を瓦礫の下から見つけ出したり、迷子になった人を探し出したり、災害時にはとても有難がられます。

 

災害救助犬や警察犬として登録しておけば、避難所の人たちもあなたの犬がいることで心強く思ってくれるでしょう。多少臭くなってしまっても(苦笑)他の犬よりもかなり多めに見てもらえます♪

 

災害救助犬や警察犬となるには、専門の訓練士によるトレーニングは不可欠です。正直言って、費用も結構かかります。そして災害救助犬や警察犬の厳しい試験に合格して初めて災害救助犬や警察犬として登録してもらえます。出来れば、非難所で誰かを助けたり見つけたりとちょっと活躍しておくと、周囲の目も頼もしいものを見る目に変わり犬の飼い主も鼻高々と過ごしやすくなります。

 

災害救助犬や警察犬になるのがかなりハードルが高く難しいという場合は、セラピー犬という方法もあります。老人ホームや自閉症の子どもが居る施設などに行って癒しを与える犬です。ただ、セラピー犬として活躍するには、入浴できない環境で犬臭くなってしまうと、いくら癒し愛されキャラだとしても可愛がられるのは難しくなりますね。。

 

ここはやはり災害救助犬か警察犬になっておくのが災害時対策として犬を守ることになるかと思います。

 

ご興味の在る方は、災害救助犬訓練をしている訓練士か訓練所に問い合わせてみてくださいね。警察犬は、警察犬学校やフリーでしている犬の訓練士の元で訓練を入れてもらって警察犬試験に合格することでなれますのでこちらもまたご興味の在る方は問い合わせてみてくださいね。