ペット 犬~犬 大事典~

嬉しい時も悲しい時も心躍る時も涙を流す時もいつもそっと傍に寄り添ってくれる犬。 生涯の忠実なパートナーとしてワンちゃんを迎えたいと思った時、ワンちゃんの躾などで困った時などに。

犬ペット 犬ペット

柴犬>信州柴

柴犬 信州柴

信州柴は、かつて長野・群馬などの山間部で狩猟犬として活躍していた「地柴」の一種です。

地柴とは、日本各地の存在する地域固有の柴犬のことです。信州柴のほかに、美濃柴、山陰柴などがいます。

なお、柴犬の名前の由来は信州の柴村にあるのではないかという説があります。

 

柴犬 信州柴

柴犬の顔つきはキツネ顔とタヌキ顔という2つのタイプに分かれるのですが、信州柴はキツネ顔に分類されます。長い鼻、アーモンド形をして少しつり上がった目、鋭い三角形の立ち耳など、古くから日本に生息していた日本犬と特徴が似ています。

被毛は硬い毛が密集していて、色は赤か胡麻です。

信州柴は他の地柴同様、第2次世界大戦の頃から頭数が激減します。

 

猟の仕事が減ったこと、戦争で食糧が不足したこと、他の犬種との交配が進んだこと、ジステンバーの流行などが原因として挙げられます。

その後、柴犬を絶滅から守ろうと、異なる地域の柴犬を掛け合わせてひとつの標準が出来上がりました。

一方で、その地域固有の地柴を守ろうとする運動も始まり、各地で保護活動がおこなわれています。その活動のおかげで、信州柴は現在でも日本に生息しています。

 

珍しいのできっと価格も高いのではと思ったのですが、インターネット上で確認できる価格は普通の柴犬よりも安く、 5万円~8万円ほどです。しかし、あまり多くは販売されていませんね。