ペット 犬~犬 大事典~

嬉しい時も悲しい時も心躍る時も涙を流す時もいつもそっと傍に寄り添ってくれる犬。 生涯の忠実なパートナーとしてワンちゃんを迎えたいと思った時、ワンちゃんの躾などで困った時などに。

犬ペット 犬ペット

柴犬>山陰柴

柴犬 山陰柴

山陰柴犬は、島根県や鳥取県が原産の地柴の一種です。古くから山陰地方の山間で猟犬として飼われていました。もともと山陰柴犬には2つの系統がありました。

「因幡犬」と「石州犬」です。因幡(いなば)とは、現在の鳥取県東部にあたります。石州(せきしゅう)は島根県の石見に該当します。

それぞれ違う個性を持っていましたが、第二次世界大戦前後に地柴の数が激減したため、残った2つの系統の柴犬を集めて繁殖がおこなわれました。そうして生まれたのが山陰柴犬です。

 

柴犬 山陰柴

因幡犬・石州犬としての特徴は失われましたが、山陰柴犬としては生き残ることができました。しかし現在も頭数は非常に少なく、全国に250頭ほどしかいないと言われています。

保存や品評をおこなっているのは、山陰柴犬育成会という団体です。飼育を希望する場合はこちらに申し込めますが、譲渡の条件はかなり厳しく、初心者が興味本位で飼うというのは無理だと思います。

山陰柴犬の体は、全体的にスリムです。足が長く、引き締まった胴をしています。顔は昔ながらのキツネ顔。柴犬特有のクルンとした巻き尾はあまりクルンとしていません。毛色は基本的に赤(茶)しかいません。それも薄い色です。体全体は「淡赤」なのに、目や口の縁、鼻や爪が黒いのが山陰柴犬の特徴です。

 

柴犬 山陰柴

 

山陰柴犬は無駄吠えをせず、静かで落ち着いた犬です。その性格は、どこか忍耐強くて口数が少ない山陰地方の人々と通じるものを感じます。   
画像提供先【山陰柴犬ギャラリー