ペット 犬~犬 大事典~

嬉しい時も悲しい時も心躍る時も涙を流す時もいつもそっと傍に寄り添ってくれる犬。 生涯の忠実なパートナーとしてワンちゃんを迎えたいと思った時、ワンちゃんの躾などで困った時などに。

犬ペット 犬ペット

柴犬>豆柴<

豆柴

豆柴とは、小さい柴犬のことです。いつまでの子犬のような姿は大変愛らしく、日本中に愛好家がいます。特に室内で犬を飼いたい人や、高齢者などから人気を集めています。

実は、「豆柴」という独立した犬種は存在しません。豆柴はあくまでも小さい柴犬です。血統書にも“柴犬”と記載されます。

 

豆柴

しかし昔から小さい柴犬は一定数生まれており、「小柴」という愛称で親しまれてきました。

独立した犬種ではないということは、標準が存在しないということです。柴犬の標準体形が
オス39.5cm(±1.5)・
メス36.5cm(±1.5)なので、
それに満たない柴犬はみんな豆柴ということになります。

 

 

豆柴

しかし実際には大きさも血統も様々な豆柴がいて、個々のブリーダーが独自の基準を設けています。最近では「極小豆柴」なんていう種類も出てきましたね。なんだか納豆を思い起こさせる名前です。

柴犬は生まれた頃はみんな小さいので、子犬の頃に豆柴かどうかを見分けるのは難しいそうです。小ぶりだから飼ってみたものの、成犬になったら普通の柴犬だった、というのはよくある事例です。

 

豆柴

確実に豆柴が欲しいなら、専門のブリーダーを探すのが良いでしょう。両親ともに豆柴で、計算された繁殖をしているので、ちゃんとした豆柴を購入できます。

豆柴の購入を考え中の方は、その柴犬が「たまたま豆柴サイズ」なのか、「計算された繁殖による豆柴」なのかをしっかり確認してください。ちなみに前者の方が価格は安いのが特徴です。