柴犬

犬種類>中型犬or小型犬>柴犬

柴犬記事一覧

柴犬とは

柴犬とは、7つある日本犬の中でもっとも小さく、もっとも古い犬種です。大昔から人間ととも生活し、国の天然記念物に指定されています。現在も非常に高い人気があり、飼われている日本犬の8割は柴犬です。新しく犬を飼う時に必ず候補にあがる、日本人にとって定番の犬種です。ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)の調査に...

≫続きを読む

 

柴犬 特徴

柴犬をひと言で表わすとすると、「素朴」でしょうか。華やかな洋犬とは違った魅力のある外見と、ひかえめで従順ながら適度な自立心があります。【外観の特徴】柴犬はバランスのとれたコンパクトな体型をしています。体高は40cmほど、体重は10kg前後です。小柄ながら、丈夫な骨格にたくましい筋肉がついています。ピ...

≫続きを読む

 

柴犬 歴史

柴犬は、縄文時代の遺跡からも骨が出土するほど、古くから日本に存在していました。山岳地帯でウサギやキジなどの小動物を狩猟する作業犬だったことは分かっていますが、それ以前のルーツについてははっきりしていません。東南アジアに分布したパリア犬の系統をくむ犬種で、先住民族とともに南方から移住してきたと考えられ...

≫続きを読む

 

柴犬 性格

柴犬の性格には、日本犬の特徴、狩猟犬の本能、番犬の気質がよくあらわれています。<従順で素直なしっかり者>日本犬の特徴の一つに、「人に従順で素直な性格」があります。柴犬はまさにその通りの犬です。かといって飼い主に甘えてべったりというわけではありません。威厳があり、辛抱強い性格をしています。プライドが高...

≫続きを読む

 

柴犬 しつけ

柴犬には、飼い主に従順でおりこうさんのイメージがあります。しかし、それは小さいころからちゃんとしつけられた場合です。他の犬種と同様、正しいしつけ方がないと問題犬になります。特に柴犬はプライドが高く独立心旺盛なので、従うべきリーダーがいないと勝手な行動をとってしまいます。では、柴犬はしつけにくいのでし...

≫続きを読む

 

柴犬 飼い方

柴犬は小柄でタフなので、比較的手がかからず飼いやすいと思います。いくつかの注意点をふまえて、過ごしやすい環境を整えてあげてください。<室内か?室外か?>柴犬は室内でも室外でも飼うことができます。多少の暑さ・寒さ・多湿にも耐えられます。しかし、最近は室内の方がよいとの意見が増えてきています。というのは...

≫続きを読む

 

柴犬 病気

柴犬はとても体が丈夫で、病気にかかりにくい犬種です。特に気にするべき持病はなく、長寿犬が多いのが特徴です。しかし、室内飼育の増加や、食生活の変化など、柴犬の生活は大きく変わってきています。それに伴い、柴犬の体質にも少しずつ変化が見られるようになりました。まず、皮膚疾患が増えてきました。湿気や不衛生さ...

≫続きを読む

 

柴犬 子犬

柴犬はどうやって手に入れたらいいのでしょうか?子犬を迎える時の注意点は?などについてまとめてみました。<柴犬はどこで買う?> 柴犬の子犬の買い方は、主に以下の3つです。 1) 店頭ペットショップ 2) ネットペットショップ 3) ブリーダー直販柴犬は人気犬種なので、店頭ペットショップでも見つけること...

≫続きを読む

 

柴犬 ブリーダー

日本には、非常にたくさんの柴犬ブリーダーがいます。もともと日本犬であることと、流行に左右されない根強い人気があるからです。いろんな柴犬を比較してじっくり選びたい人なら、ペットショップではなくブリーダーから直接買った方がよいでしょう。ブリーダーなら何頭も同じ場所で飼育していますし、性格や育ちなどを詳し...

≫続きを読む

 

柴犬 値段

柴犬の値段は一体いくらくらいなのでしょうか?それは、車は同じ車種でもグレードやタイプによって値段が違うのと同じで、柴犬もその個体によって値段が異なります。ざっくりとした価格帯は以下のようになっています。 ・ 柴犬(家庭向き)・・・8万〜20万円 ・ 柴犬(展覧会向け)・・・20万〜30万円柴犬には家...

≫続きを読む

 

柴犬 里親

ペットショップやブリーダーからではなく、「里親になる」という購入方法があるのをご存知ですか?柴犬を購入するなら、里親を募集している柴犬をもらうのも手段のひとつです。引き取りは無料であることが多いですし、困っている犬を助けることができます。でも、里親を募集している柴犬って、どんな事情を抱えている子なの...

≫続きを読む

 

柴犬 血統書

柴犬の血統書を発行しているのは、主に以下の2つの大きな団体です。 ・ JKC(ジャパンケネルクラブ) ・ 日本犬保存会ジャパンケネルクラブは日本にいる犬の品種の認定や犬種標準(スタンダード)の指定などをしている団体です。日本で一番多くの柴犬を管理している団体と言えるでしょう。ちなみに「ケネルクラブ」...

≫続きを読む

 

柴犬 種類

柴犬には2種類の顔があると言われています。「キツネ顔」と「タヌキ顔」です。<キツネ顔の特徴>柴犬には、鼻が長くて顔がスマートな犬がいます。これが縄文柴と呼ばれるキツネ顔の柴犬です。古来の日本犬と似ていると言います。キツネ顔の柴犬は「天然記念物柴犬保存会」という団体が理想とする柴犬の顔です。<タヌキ顔...

≫続きを読む

 

柴犬 赤

日本で一番よく見かける柴犬は茶色ですよね。正式な色別では「赤」に分類されます。柴犬には赤・黒・白・胡麻の種類があり、赤が一番多く飼育されています。日本にいる柴犬の80%が赤い柴犬です。一般的にも「柴犬は茶色」と認知されているように思います。柴犬の名前の由来も、刈って枯れた柴の色に似ているからという説...

≫続きを読む

 

柴犬 黒

柴犬といえば茶色、というイメージがありますが、最近では黒い柴犬に人気が出てきています。黒い柴犬は赤柴犬に次いで人気があり、柴犬の中では20%程度が黒柴犬です。黒い柴犬の一番の特徴は、目の上の白い斑でしょう。丸っこいまゆ毛のようでとてもかわいらしいものです。どこか昔の公家の眉毛を彷彿とさせます。専門用...

≫続きを読む

 

柴犬 白

「柴犬といえば茶色」という人も多いと思います。しかし、白い柴犬がいるということをご存知ですか?柴犬は茶色(赤)、黒、胡麻のほかに、白いものも生まれます。日本にはまだまだ頭数は少ないのですが、徐々にファンを増やしています。白柴犬はまさに白い柴犬です。色以外の特徴は他の柴犬と同じで、性格や体格に違いはあ...

≫続きを読む

 

柴犬 胡麻

柴犬には茶色(赤)、黒、白のほか、「胡麻」という毛色の犬がいます。胡麻色とは、赤毛、黒毛、白毛がほどよく混ざった状態の色です。よく「胡麻塩頭」なんていいますが、ああいう感じを想像してください。胡麻柴は柴犬の中でもっとも数が少ないのですが、その渋い色彩は本来の日本犬らしいということで、根強い人気があり...

≫続きを読む

 

豆柴

豆柴とは、小さい柴犬のことです。いつまでの子犬のような姿は大変愛らしく、日本中に愛好家がいます。特に室内で犬を飼いたい人や、高齢者などから人気を集めています。実は、「豆柴」という独立した犬種は存在しません。豆柴はあくまでも小さい柴犬です。血統書にも“柴犬”と記載されます。しかし昔から小さい柴犬は一定...

≫続きを読む

 

豆柴 飼い方

豆柴は小さいといえども柴犬です。性格や飼い方は基本的に柴犬と同じだと思ってください。豆柴は柴犬同様、従順で賢い犬です。その性格をいかして、はやくから主従関係を築く訓練をしてください。豆柴は意外と独立心が強いので、飼い主と認めない相手には強く出ることがあります。いちど反抗すると癖になり、戻すのが大変で...

≫続きを読む

 

豆柴犬 ブリーダー

豆柴犬を繁殖するブリーダーは、日本に数多く存在します。ひと口に豆柴犬のブリーダーといっても、繁殖方法や豆柴犬の基準などはさまざまです。豆柴犬には大きく分けて3つの繁殖方法があります。特徴がそれぞれ違うので、購入の際は注意が必要です。1)  小型の柴犬を交配して作出2)  たまたま小さい柴犬が生まれる...

≫続きを読む

 

豆柴 血統書

豆柴は、正式な独立犬種ではないといいます。では、豆柴には血統書が発行されないのでしょうか?犬の血統書を発行しているのは、以下の3つの主要登録機関です。 ・ 日本犬保存会 ・ ジャパンケネルクラブ(JKC) ・ 天然記念物柴犬保存会これらの登録機関は、豆柴犬を公認していません。豆柴はあくまでも柴犬の標...

≫続きを読む

 

豆柴 トラブル

ペット購入に関わるトラブルが後を絶ちません。来てすぐ病気になって死んでしまった、お金を振り込んだのに犬が届かないなど、被害はさまざまです。豆柴の場合は、「豆柴なのに大きくなった」というトラブルが頻発しています。普通の柴犬ももちろんかわいいですが、豆柴を希望していたのに違っていたらガッカリしますよね。...

≫続きを読む

 

縄文柴犬

縄文柴犬とは、日本犬の先祖といわれる縄文犬を復元しようと改良された柴犬です。縄文犬自体はすでに絶滅しているのですが、それに似た犬を選び、交配させることでかつての日本犬の復活を目指しています。縄文犬がどんな犬だったかは、縄文期の遺跡から発掘された犬の骨から分析できます。小柄な体、巻き尾、三角の立ち耳な...

≫続きを読む

 

信州柴

信州柴は、かつて長野・群馬などの山間部で狩猟犬として活躍していた「地柴」の一種です地柴とは、日本各地の存在する地域固有の柴犬のことです。信州柴のほかに、美濃柴、山陰柴などがいます。なお、柴犬の名前の由来は信州の柴村にあるのではないかという説があります。柴犬の顔つきはキツネ顔とタヌキ顔という2つのタイ...

≫続きを読む

 

美濃柴

美濃柴は、現在の岐阜県で猟犬や番犬として活躍していた地柴です。岐阜犬、飛騨柴とも呼ばれます。地柴とは、その地域固有の柴犬のことです。戦前までは多くの人に飼育されていましたが、生活スタイルの変化から猟犬に対する需要が減り、混血が進んだことで数が激減しました。今は保護団体によって純美濃柴犬の血統は細々と...

≫続きを読む

 

山陰柴

山陰柴犬は、島根県や鳥取県が原産の地柴の一種です。古くから山陰地方の山間で猟犬として飼われていました。もともと山陰柴犬には2つの系統がありました。「因幡犬」と「石州犬」です。因幡(いなば)とは、現在の鳥取県東部にあたります。石州(せきしゅう)は島根県の石見に該当します。それぞれ違う個性を持っていまし...

≫続きを読む

 

柴犬 日本犬

日本犬とは、古くから日本にいる犬の総称です。日本犬らしい性質や理想とする体型を持つとされる日本犬は、現在6種類指定されており、柴犬もそれに含まれます。<日本犬6犬種>・ 柴犬(小型)・ 甲斐犬(中型)・ 紀州犬(中型)・ 四国犬(中型)・ 北海道犬(中型)・ 秋田犬(大型)これらの犬種はすべて193...

≫続きを読む

 

柴犬 海外

柴犬は海外でもなかなかの人気があります。飼っている人が増え、柴犬の展覧会も開かれるようになりました。小柄で賢く忠実な柴犬は、海外でも広く受け入れられています。アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)によると、柴犬の登録頭数は173種中53位です。育て方の紹介や子犬の販売など、柴犬専門の海外サイトもたくさ...

≫続きを読む

 

柴犬 グッズ

柴犬に関連するグッズは、数も種類も豊富です。他の犬種でここまで定着しているものはあるでしょうか。日本でいかに柴犬の人気が高いかがうかがえます。柴犬のグッズには、柴犬のためのグッズ(服や迷子札など)と、柴犬をあしらったグッズがあります。定番のストラップ、Tシャツ、マグカップのほか、特大のぬいぐるみや柴...

≫続きを読む

 

柴犬カット

「柴犬カット」ってご存知ですか?柴犬を散髪することではなく、柴犬ではない犬の毛を、柴犬っぽくなるように少し短く切ることです。スポーツ刈りのようなものですね。柴犬カットにされるのは、おもにポメラニアンです。ポメラニアンといえばふさふさの長い被毛が特徴ですよね。それを柴犬ほどの長さにカットすると、コロコ...

≫続きを読む

 

有名な柴犬

柴犬の中には、誰もが知っている有名な柴犬がいます。テレビやブログなどで話題になった犬たちです。■豆助テレビ東京系列で放送される『和風総本家』という番組のマスコット犬、「豆助」は豆柴犬です。番組中におつかいに行ったりご飯をながめたりするシーンなどが映し出され、大変人気になりました。写真集やDVDにもな...

≫続きを読む