プードル

犬種類>大型犬&中型犬&小型犬>プードル

プードル記事一覧

プードルとは!?

プードルは、日本で最も人気の高い愛玩犬です。ジャパン・ケネル・クラブの調査によると、2008年から2011年まで4年連続登録犬数1位です。街でも散歩中のおしゃれなプードルをよく見かけます。(photoby:greg westfall.)これほどプードルの人気が高いのには理由があります。大型・中型・小...

≫続きを読む

 

プードル 毛

プードルといえば、足や尾にポンポンがついているような独特なヘアスタイルですよね。現在は見た目の良さのためですが、もともとは作業犬としての仕事をしやすくすることが目的でした。大昔、プードルは水辺での狩りや水鳥の回収などをおこなう狩猟犬でした。頭が良く泳ぎの得意なプードルですが、カールのかかったボリュー...

≫続きを読む

 

プードル トリミング

プードルには、こまめなトリミングが必要です。プードルの毛はふわふわと弾力性があり、密集して生えているので量も豊富です。しかも、そのわりにあまり抜けません。そのため、定期的にトリミングをしないと見栄えが悪くなるだけでなく、毛玉がたまり、蒸れて皮膚病の原因にもなります。どのくらいの頻度でトリミングが必要...

≫続きを読む

 

プードル カット

プードルは、カットの仕方によって雰囲気がガラっと変わります。古典的なものから最新の斬新なものまで、プードルのカットの種類は計りしれません。プードルが正式なドッグショーに出場するには、以下の3つのショー・クリップのいずれかにカットする必要があります。ちなみに、「クリップ」とは、「刈る」という意味です。...

≫続きを読む

 

プードル カラー

プードルのカラーバリエーションは、非常に多彩です。ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドがあり、それぞれの色の中にも濃淡があります。この毛色の豊富さが、プードルの高い人気の要因であることは間違いありません。もともと人気が高かったのは...

≫続きを読む

 

プードル 手入れ

プードルには、ていねいなお手入れが欠かせません。しかし、お手入れのしがいのある犬種です。こまめに世話をしてあげることでより容姿が磨かれ、健康を保ち、厚い信頼関係を築くことができます。プードルのお手入れの基本はブラッシングです。プードルのふわふわの毛は毛玉ができやすく、抜け毛がからみやすいので、ブラッ...

≫続きを読む

 

プードル 服

ペット用品のお店やインターネット上のショップでは、プードル向けの服が沢山売られています。シャツ、ワンピース、パンツ、レインコートなど、人間に負けないくらいの種類やデザインがあります。どうしてプードルの服はこんなに人気があるのでしょうか?犬に服を着せることについては、賛否両論あります。飼い主のエゴだと...

≫続きを読む

 

プードル ランキング

ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)の調べによると、登録犬数ランキングにおけるプードルの順位は、過去10年で以下のように推移しています。2002年 8位 (19,252頭)2003年 3位 (29,629頭)2004年 3位 (42,876頭)2005年 3位 (57,686頭)2006年 3位 (7...

≫続きを読む

 

プードル ブリーダー

ブリーダーさんから直接プードルを買おうと考えている人は多いと思います。「実際に子犬を育てたブリーダーさんから直接買いたい」という人が増えてきたからです。プードルのブリーダーは全国に存在します。特に、トイプードルを専門とするブリーダーの数は多く、探すのに困ることはありません。しかし、どうやって信頼でき...

≫続きを読む

 

プードル しつけ

プードルのしつけは難しくありません。とても聡明で、人間の指示を理解して従うことができる優秀な犬種です。事実、プードルは大昔から狩猟犬や多芸犬として飼い主のために忠実に働いてきました。それは、主な役割が愛玩犬となった現在でも変わりません。プードルのしつけのポイントは、「甘やかさないこと」です。プードル...

≫続きを読む

 

プードル 子犬

いざプードルの子犬を迎えるとなったら、どのような準備が必要なのでしょうか?まず、子犬の居場所となるサークルやケージが必要です。プードルには大型・中型・小型がいますから、その子にあった大きさのものを選びます。できるだけ家族の目が届く場所に置きたいですね。子犬が来た日から、トイレトレーニングは始まります...

≫続きを読む

 

プードル 里親

Googleで「プードル  里親募集」と検索すると、505,000件もヒットします。プードルは飼育頭数が多いぶん、里親を探す犬の数も多くなるようです。プードルを飼おうと考えている人は、里親になるという入手方法も考えてみてください。里親を募集する理由はさまざまです。代表的な例は以下のようなものです。 ...

≫続きを読む

 

プードル 種類

プードルは、大きさによっていくつかの種類に分けることができます。国際畜犬連盟(FCI)とジャパン・ケネル・クラブ(JKC)が認めているプードルは、以下の4種類です。・ スタンダード・プードル (体高45〜60cm、体重15〜19kg、 中型犬)プードルの「標準」と言われる。もともと水辺の狩猟犬として...

≫続きを読む

 

スタンダード プードルとは?

スタンダードプードルとは、プードルの中で最も大きな犬種です。古くはヨーロッパで水辺の狩りを手伝う「回収犬」として活躍していました。スタンダードプードルの特徴は、その優雅な容姿にあります。トイ・プードルを見慣れている人は、中型犬サイズのスタンダードプードルが異様に大きく見えるでしょう。さらにカールした...

≫続きを読む

 

スタンダードプードル 歴史

スタンダードプードルは古くからヨーロッパ各地に生息していました。紀元前30年ごろのローマ帝国時代の記念碑には、スタンダードプードルの彫刻がほどこされています。最終的にはドイツとフランスで種が固定化しました。原産国はフランスとされていますが、ドイツだという説もあります。プードルの語源は、ドイツ語の「プ...

≫続きを読む

 

スタンダードプードル 性格

スタンダードプードルは、頭が良くて家族に忠実、そして明るく繊細な性格をしています。スタンダードプードルはとても利口な犬種なので、訓練のしがいがあります。何しろスタンダードプードルは多芸で、猟犬、警察犬、介助犬、盲導犬、セラピードッグ、サーカス犬までこなす能力を持っています。物覚えが良く、飼い主の指示...

≫続きを読む

 

スタンダードプードル 飼い方

スタンダードプードルを飼う上で大切なのは、人との交流を欠かさないことです。スタンダードプードルは大変社交的で、人と一緒に過ごすことが大好きな犬種です。そのため、家族の様子も見えないような場所にひとりぼっちにされることは、彼らにとって大変な苦痛です。(photoby:greg westfall.)そう...

≫続きを読む

 

スタンダードプードル 病気

スタンダードプードルは基本的に丈夫で健康ですが、気をつけたい病気がいくつかあります。代表的なものは、「胃捻転」と「アジソン病」です。「胃捻転」とは、胃がガスや食べ物で膨らんでねじれている状態です。胃捻転になると胃拡張を起こし、血管や内臓を圧迫します。ひどくなると命にかかわる危険な病気です。スタンダー...

≫続きを読む

 

スタンダードプードル 価格

スタンダードプードルの価格は、5万円から50万円までと大きな差があります。どのような要素がスタンダードプードルの値段に影響するのでしょうか?まず、ペットタイプからショータイプで大きく違います。スタンダードプードルのショータイプは血統を選んで交配する必要があり、手入れがとても大変なため、値段が高くなり...

≫続きを読む

 

コーデッド プードル

コーデッド・プードルとは、ドイツ原産の中型のプードル犬です。スタンダードプードルと同様、水猟犬として活躍したワーキングドッグで、一時期は独立した犬種として扱われていましたが、現在ではスタンダードプードルの一種とされています。飼育頭数が少なく、かなり珍しい犬種です。コーデッド・プードルの最大の特徴は、...

≫続きを読む

 

ミディアム プードル

ミディアム・プードルとは、体高が35cm〜45cm、体重が8kg〜15kgのプードルです。小ぶりなスタンダードプードル、といったところでしょうか。ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)には認定されていますが、一般にはあまりなじみがありません。国によってはそのような分類をしていないところも多く、世界的にも...

≫続きを読む

 

ミニチュア プードルとは?

ミニチュア・プードルとは、体高が28〜35cm、体重が5kg〜8kgの、小型のプードルです。スタンダードプードルよりはかなり小さく、トイプードルよりは少し大きめです。日本ではミニチュア・プードルはプードルの登録犬数の中でも2番目に少なく、なかなかお目にかかることができません。ジャパン・ケネル・クラブ...

≫続きを読む

 

ミニチュア プードル 歴史

ミニチュア・プードルが誕生したのは、中世のヨーロッパです。それまで古くから水猟犬として各地で活躍していたスタンダードプードルを、人々のニーズに合わせて小型化したことが始まりです。16世紀ごろ、プードルはフランスの上流階級から高い人気がありました。そして、愛玩犬として飼いやすいように小型化がすすめられ...

≫続きを読む

 

ミニチュア プードル 性格

プードルは全般的にフレンドリーで感受性の強い性格をしています。どのサイズのプードルも能力が高く、飼い主に従順です。しかし、ミニチュア・プードルは他のプードルとは微妙な性格の違いがあります。実は、プードルは体が小さくなるにつれて扱いが難しくなると言われています。スタンダードプードルは優雅で気品がありま...

≫続きを読む

 

ミニチュア プードル 飼い方

ミニチュア・プードルの飼い方のポイントは、「お手入れ」と「運動」です。被毛のお手入れですが、1日1回のブラッシング、1週間に1回のシャンプー、1〜2ヵ月に1回のトリミングが必要です。スタンダードプードルに比べると体が小さい分楽ですが、お手入れの頻度が少なくなるわけではありません。健康と毛質を守るため...

≫続きを読む

 

ミニチュア・プードル 病気

ミニチュア・プードルは可愛くて素晴らしい犬ですが、純血種だと遺伝的な病気引き起こす場合があります。たとえば、アレルギーも遺伝的な病気です。ミニチュア・プードルは「皮膚疾患」、「外耳炎」、「涙腺づまり」を起こしやすい犬種なのですが、これらの原因はアレルギーです。アレルギーを抑えるには、花粉やノミなどの...

≫続きを読む

 

ミニチュアプードル 価格

ミニチュア・プードルの価格は5万円〜50万円と、子犬によって大きな違いがあります。なにがこれほど大きく値段を左右するのでしょうか?まず値段が高いミニチュア・プードルの特徴をみていきましょう。やはりショータイプとして期待できる子の値段は格段に高くなります。血統が良く、骨格、毛の色や質、健康状態や性格ま...

≫続きを読む

 

トイプードルとは?

トイプードルは、体高26〜28cm、体重3kg前後の小型のプードルです。スタンダードプードルを小さくしたミニチュア・プードルを、さらに小型化して生まれました。トイプードルはいま日本で絶大な人気を誇っています。2011年の登録頭数ランキングではプードルのグループがトップだったのですが、その99%がトイ...

≫続きを読む

 

トイプードル 歴史

トイプードルの歴史は、プードル小型化の歴史です。トイプードルが誕生したのは、18世紀ごろです。16世紀までは水猟犬として活躍していた体の大きいプードルが主流で、サイズも色も統一されていませんでした。16世紀に入るとフランスを中心に愛玩犬としての性質を求められるようになり、小型化によってミニチュア・プ...

≫続きを読む

 

トイプードル 性格

トイ・プードルは、基本的にとても飼いやすい性格です。人によくなつき、友好的で攻撃性もなく、賢いのでしつけがしやすい犬種です。犬を始めて飼う人にもおすすめです。小さい子供や他のペットとも問題なく共同生活できるでしょう。ただし、他の犬と同様、トイ・プードルがどのように育つかは飼い主次第です。トイ・プード...

≫続きを読む

 

トイプードル 飼い方

トイ・プードルの飼い方のポイントについて説明します。トイ・プードルの飼い方で重要なのは、やはりなんといっても「被毛のケア」です。トイ・プードルは抜け毛が少ないのがメリットですが、それは切らないと際限なく伸びるというデメリットでもあります。トイ・プードルの毛はカールしていてもつれやすく、すぐ毛玉になり...

≫続きを読む

 

トイプードル 価格

トイプードルは日本で一番人気のある犬種です。ペットショップやブリーダーサイトではたくさんの子犬が紹介され、トイプードル専門のブリーダーも数多く存在します。気になるトイプードルの価格についてみていきましょう。トイプードルの相場は、10万円〜30万円といったところです。価格は毛の色や質、血統、性別、体の...

≫続きを読む

 

トイプードル 病気

トイプードルに多い病気について説明します。<ヒザの病気>最も気をつけたい病気が、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)です。後ろ足のヒザの皿が外れてしまう、小型犬に多い病気です。遺伝性の疾患なので、子犬購入のときは親犬に同じ病気がないか確認しましょう。また、飼う時はツルツルのフローリングを避け、絨毯や...

≫続きを読む

 

ティーカッププードルとは

ティーカップ・プードルとは、体高が23p以下、体重は2kg以下、超小型のプードルのことです。思わず両手ですくい上げたくなるような、小さくてかわいいプードルです。ティーカップ・プードルは、10〜15年前にアメリカで生まれました。アメリカの雑誌でティーカップに入った小さいプードルが紹介され、話題になった...

≫続きを読む

 

ティーカップ・プードル 性格

ティーカップ・プードルは、プードル本来の特性と小型犬の特性が足したような性格をしています。プードルは頭が良く、飼い主に従順で、学習能力の高い犬種です。もともとは水猟犬として活躍していた犬種ですから、主人への忠実度と能力の高さは抜群です。ティーカップ・プードルもそういった特性を受け継いでいます。体は小...

≫続きを読む

 

ティーカップ・プードル 飼い方

ティーカップ・プードルの飼い方は、他のプードルの犬種とは少し違います。特に気をつけるべき点をまとめてみました。<食事について>ティーカップ・プードルは大変な「小食」です。極小犬には小食の子が多いのですが、ティーカップ・プードルの場合も同様です。胃が小さくて働きが悪いので、1回の食事の量を少なくしてあ...

≫続きを読む

 

ティーカップ・プードル 値段

ティーカップ・プードルは、体は小さいですが、お値段は小さくありません。価格の目安は以下のようになっています。・  ホワイト、シルバー:(オス)25万円〜40万円、(メス)30万円〜50万円・  ブラック、ブラウン:(オス)30万円〜40万円、(メス)35万円〜50万円・  レッド、アプリコット:(オ...

≫続きを読む

 

プードル・ハイブリッド

プードル・ハイブリッドとは、プードルと他の犬種を交配して作った交雑犬や二重純血犬種です。つまりは「ミックス犬」のことです。「雑種」という言い方もできますが、雑種は言葉のイメージが悪く、ちゃんと計画的に繁殖されたミックス犬であることを強調するために「デザイナーズドッグ」と呼ぶこともあります。2種類の犬...

≫続きを読む

 

プードル ミックス

ミックス犬とは、異なる犬種同士を掛け合わせて生まれた犬のことです。いろんな血が混ざっているということで「雑種」と呼ぶこともできますが、厳密には「両親ともに純血種であるハーフ犬」のことを指すようです。プードルは、ミックス犬の親犬に選ばれることが多い犬種です。プードルの賢くて従順な性格と、抜け毛が少ない...

≫続きを読む

 

トイプードル チワワ ミックス

トイプードルとチワワと交配してできたミックス犬を「チワプー」といいます。日本における人気犬種ランキングの1位と2位の組み合わせということで、人気が出ないわけがありません。チワプーはマルプーとともに人気ミックス犬の代表格です。ちなみに「チワプー」は正式名称ではなくてニックネームです。ミックス犬に正式名...

≫続きを読む

 

トイプードル マルチーズ ミックス

トイプードルとマルチーズの純血種をかけ合わせた犬を、「マルプー」といいます。マルプーはミックス犬の中でも1位2位を争う、大変人気のある組み合わせです。容姿がとてもかわいくて、小ぶりで飼いやすいミックス犬です。マルプーの毛質は両親犬の特徴が合わさった良い感じが出ています。トイプードルの毛はカールしてい...

≫続きを読む

 

トイプードル キャバリア ミックス

トイプードルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(長い!)のミックス犬を「キャバプー」といいます。とても優雅な雰囲気があり、賢くて大人しいのでどんな家庭でも飼いやすい犬です。キャバプーの体重は6〜8キロまでになります。トイプードルが3kg前後ですので、それよりは少し大きくなりますね。小さい頃...

≫続きを読む

 

トイプードル シーズー ミックス

トイプードルとシーズーの純血種をかけ合わせたミックス犬を「シープー」といいます。活発ですが悪さをすることはなく、初心者やお年寄りにも飼いやすいタイプだと思います。シープーは、トイプードルとシーズーの特徴を平均的に反映するのではなく、目、耳、鼻、毛などパーツごとにそれぞれの親犬の特徴があらわれやすいミ...

≫続きを読む

 

トイプードル ミニチュアダックスフンド ミックス

トイプードルとミニチュアダックスフンドのミックス犬を「ダップー」といいます。両親犬のタイプに関わらず、さまざまな容姿、性格、毛質、体型、顔などを持って生まれます。成長過程でもめざましい変化が見られることもあり、見ていて楽しい犬です。ダップーはどんな見た目になるかを予測するのが難しいミックス犬です。ま...

≫続きを読む

 

トイプードル ポメラニアン ミックス

トイプードルとポメラニアンの純血種をかけ合わせたミックス犬を「ポメプー」といいます。ポメプーの平均的な大きさは、体高が28p、体重が3s程度、トイプードルと同じくらいです。ポメプーはどのような特徴を持って生まれるかは「出たとこ勝負」です。どこがどちらに似るのかは分かりません。“足して二で割る”タイプ...

≫続きを読む

 

トイプードル パピヨン ミックス

トイプードルとパピヨンを両親犬に持つミックス犬を「パピプー」といいます。いちど聞くと忘れられない名前ですね。この名前は愛称ですが、人気の上昇とともに知名度が上がってきています。パピヨンの最大の特徴は、蝶のようにゴージャスな耳ですよね。パピプーは子犬の頃は毛が短いのでパピヨンの雰囲気は薄いのですが、成...

≫続きを読む

 

トイプードル シュナウザー ミックス

トイプードルとミニチュア・シュナウザーのミックス犬を「シュナプー」といいます。賢くフレンドリーで、どんな家庭でも飼いやすいと思います。シュナプーの見た目は、ミニチュア・シュナウザーの特性を強く反映しています。シュナウザーの大きな特徴は、おじいさんのような眉毛とヒゲです。シュナプーもおじいさん顔をして...

≫続きを読む

 

トイプードル ヨークシャー・テリア ミックス

トイプードル  ヨークシャー・テリアのミックス犬を「ヨープー」といいます。プードルの毛質を持ったヨークシャー・テリアは愛玩用として人気が高く、アメリカで作出されました。ヨープーの毛質は、カールとストレートの混ざったロングコートです。プードルの巻き毛とヨークシャー・テリアの床につくくらい長いストレート...

≫続きを読む

 

コッカープー

コッカープーは、プードルとアメリカン・コッカー・スパニエルのミックス犬です。交配研究の進んでいるミックス犬で、プードル・ハイブリッドの代表格と言えます。アメリカではしっかりとしたブリーディング基準も定められており、アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)の公認も近いのではないかと言われています。コッカー...

≫続きを読む

 

ラブラドゥードル

ラブラドゥードルは、プードルとラブラドールレトリーバーのミックス犬です。穏和で訓練性の高いラブラドールレトリーバーと、抜け毛の少ないプードルをかけ合わすことで、動物アレルギーを持つ人でも飼える介助犬が誕生しました。原産はオーストラリアです。セラピードッグや盲導犬としての活躍も期待されています。もちろ...

≫続きを読む