犬の食事

犬 大事典>犬を飼うにあたって>愛犬の食事は手作りご飯や残飯でもOK?

 

犬 食欲不振

 

 

愛犬に手作り食を与えていると言うと、良いイメージだけが浮かんでくる方も多いと思います。
私も 誕生日などの特別の日には、手作りのご馳走を愛犬に作ってあげています。

 

しかし、犬が食べては危険な食物が沢山ありますので素材選びはもとよりメニューにも結構頭を悩ましますし、又、栄養面から言っても、犬に必要な栄養を手作り食だけで全てまかなうのは、ほぼ不可能ともいえます。

 

犬の訓練士の先生や獣医さんなど犬に関わる職業のプロの人たちは、犬には100%無添加で尚且つ良質なドッグフードを勧めています。100%無添加で尚且つ良質なドッグフードは、犬にとって必要な栄養素をバランスよく配合していて、消化吸収も良く、良質ドッグフードを食べている犬は、健康で且つ長生きすることがデーターとして判明されています。

 

でもまぁドックフード会社の洗脳かななんても思ってしまいます。人間でも出産をすると同時に産婦人科で看護師もろとも業者と結託して始まる粉ミルク宣伝と粉ミルク最強論の洗脳で産院入院中に嫌な思いをしたので、ドックフードもなんかドッグフード会社の差し金なんじゃないかと勘ぐってしまいます。でもまぁ、人間でも普段の食事にプラスαとしてサプリメントをとる必要もあったりするので、犬も食事だけでは栄養をちゃんととるのは難しいかなぁ、同じかなとも思います。

 

犬に食べさせてはいけない犬にとって危険な食べ物一覧

 

食品名 引き起こされる症状 病名等
玉葱、長ネギ、ニラなどネギ類 赤血球を破壊し、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を引き起こす。死に至ることもある 胃腸障害,血尿,衰弱,心拍の増加
お茶、コーヒー、コーラなど

カフェイン含有食品

中毒死することがある 心臓や神経系への異常
チョコレート、 ココアなどカカオ類 デオブロミンが中枢神経を刺激する毒素となる 痙攣,発作,嘔吐,呼吸困難,不整脈,心拍の増加,口の渇き,過剰な活動、など
砂糖 体液の働き(=歯や骨を浄化する)を妨害し、骨や歯茎が軟弱,ビタミンC破壊 肥満,糖尿病,心臓病を誘発
鳥や鯛の骨 喉や消化器官を傷つける可能性 胃腸障害,喉の炎症,嘔吐など
エビ・タコ・イカ 消化に悪い。又、生で摂取すると、アノイリナーゼがビタミンB1を分解するのでビタミンB1(チアミン)欠乏症 食欲低下,嘔吐,症状が進むと痙攣、ふらつきなどの神経障害など。
カニ・クラゲ・こんにゃく・

しいたけ・たけのこ・豆類

ビタミンB1欠乏症や消化不良 食欲低下,嘔吐,症状が進むと痙攣、ふらつきなどの神経障害など。
人間用の牛乳や人間用の乳製品 下痢
アワビ、トリガイ、サザエ、

トコブシなどの貝類

光線過敏症,皮膚病 毛の薄い耳に症状が現れやすく、腫れやかゆみ,場合によっては壊死
生卵 卵白に含まれるアビジンがビオチン(ビタミンB群の一種)を分解 下痢,皮膚炎,結膜炎
生の豚肉 寄生虫(トキソプラズマ)症 体重減少,下痢,目の障害などなど
香辛料 肝臓,腎臓疾患
ブドーやレーズン(=アメリカの調査機関により、犬には有害性ありと認定) 項摂取後2〜3時間後から嘔吐,下痢,腹痛 摂取後3〜5日後に腎不全
マカダミアンナッツ 中毒症状 無気力,嘔吐,異常な高熱,筋硬直,ふるえ,心拍の増加
アボカド 項アボカドに含まれるペルジンが犬には毒 嘔吐,下痢,胃腸の炎症,死亡の恐れ
キシリトール 少量でも犬にとって有害とASPCAが発表 摂取後30分以内に血糖値が低下し、嘔吐,歩行困難,内出血,肝不全
ニンニク,ガーリックパウダー,

ガーリックオイルなど

玉ねぎと同じアリルプロピルジスルファイドなどが含まれているため、タマネギ中毒と似たような症状。溶血性貧血,ハインツ小体性貧血など。 嘔吐,血尿,衰弱,心拍の増加,貧血,嘔吐,呼吸速迫,元気消失,接触性の皮膚炎など
スルメ 胃で水分を含み10倍以上に膨れ、腸を通過できない上、食道に詰まり吐く事もできず危険 胃腸障害,元気喪失など
アルコール 胃で水分を含み10倍以上に膨れ、腸を通過できない上、食道に詰まり吐く事もできず危険 嘔吐,下痢,中枢神経系の抑制,ふるえ,昏睡,アシドーシス( 意識障害,血圧低下,痙攣,呼吸障害)
人間用の医薬品,栄養補助食品,

サプリメント

鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェンは、強い中毒症状を引き起こす アメリカ国内のペットの事故の第一位は人間用の医薬品。鎮痛剤,風邪薬,抗うつ剤,栄養補助食品など
竹の子,しいたけ,トウモロコシ,豆類,こんにゃく など消化に良くないもの全般 消化不良,下痢
サバ,アジ,イワシなど青身の魚 青身魚の不飽和脂肪酸により、体内の脂肪が酸化し、イエローファット(=黄色脂肪症)となる 皮膚の下に痛みを伴うしこりが発症。
レバー 過食すると、ビタミンA過剰症 骨(脊髄)の変形。

起き上がれなくなる。

ピーナッツ(=50%以上が油分)人間用に加工されたものは、更に塩分が付着 マグネシウムを多く含むため、結石の原因など 肥満,糖尿病,腎臓病,結石(泌尿器症候群)など
ほうれん草 シュウ酸が結石の原因に 結石
人間用のパン 塩分が高く、バターも使っています。生のイーストは、胃で膨張するので危険。 生のイーストは、アルコール中毒の危険性あり

煮干し,海苔,鰹節など
マグネシウムを多く含む食材

下痢,泌尿器症候群
ソーセージ,ハム 重大な内臓疾患
野菜類、おからなど 野菜に含まれるセルロースを消化できないので、胃腸の負担になります。 下痢,便秘など
塩分の多い食べ物 塩分を体外にうまく排出できない 肝臓疾患,高血圧

 

愛犬の食事は人間の残り物でもOK?

 

生後2ヶ月で引き取った我が家の愛犬は、最初の内は、安価なドッグフードを与えたり、家族の残り物を与えたりしていました。

 

服従訓練の為、生後4ヶ月になった時から、愛犬に、専属のドッグトレーナーをつけました。
我が家の犬を見た開口一番、「凄く痩せている!!ドッグフードは何をあげてますか?」と聞かれました。

 

安価なドッグフードは、安く作る為に小麦が大量に含まれていて栄養をより多く取る為に大量に食べないといけず、胃腸を始め内臓に多大な負担がかかると同時に、吸収される栄養も少ない為に、大量消費&大量の便 がついてまわります。

 

無添加の良品ドッグフードに切り替えてからは、見る見るうちに見違えるほど、体ががっしりし、立派な犬になってきました。便の状態がとても良い上に、便の量が少なくなり、片付けが楽になったことに加え、獣臭が消え、お出かけ時の車内空間も快適になりました♪
ご参考になれば幸いです。

 

関連ページ

安心安全なドッグフード
犬のしつけ方法や犬の選び方,犬の性格や特性や歴史など犬の全てが分かるサイト