マツダアテンザ

車 購入の時の諸経費に着目☆これ重要<

諸経費+車両本体価格=車購入に実際かかる費用です。総額でチェック!!!

 

アテンザ

1)登録費用、登録代行費用、登録手続費用、名義変更費用など呼び方はいろいろですが、「登録」か「名義変更」どっちかの言葉が入っています。

 

要は、車の所有者の名義を変える際に発生する費用です。
特に遠方の場合を除いては、10,000円〜35,000円が相場です。

 

2)車庫証明費用=自動車保管場所証明
車の保管場所を確保しているか警察が実際に調査して許可を出すための車庫証明を取得する時の代行費用です。申請は自分でも簡単にできます。警察署に行って、申請書類をもらって必要事項を記入し提出するだけです。代行してもらうと、10,000円〜20,000円はかかります。

 

3)整備費用=納車前に車を整備するための費用
(納車整備費用=車検が残っている車,
 車検整備費用=車検がない場合)

 

アテンザ

販売店により値段も様々です。
しかも、
整備費用を車両本体に含めて販売している中古車販売店と、
整備費用を車両本体に含めずに、後から別に整備費用を請求する中古車販売店があります。

 

購入時には、
1、車両価格に整備費用は含まれているのか
2、整備記録簿は発行するか
3、整備工場は陸運局の許可を受けているか、どこで整備するのか
4、どんな整備をするのか
5、誰が整備するのか、整備士がするのか
詳しく聞いてください

 

4)納車整備費用

 

どのような整備をしてくれるのか詳しく聞くこと
1.整備記録を発行してもらえるのか
2、具体的な整備項目は?

 

納車整備費用と車検整備費用を二重請求されていないかチェック!

 

整備費用が車両本体に含まれると表示していたのに納車整備費用を請求してくる悪質な販売店もありますので注意が必要です。

 

アテンザ

5)自動車重量税=新車登録時や、車検を受ける時に車検期間分を前払いする税金です。
車検期間が残っている中古車では自動車重量税は支払う必要なし!!

 

車両重量に応じて金額がちがってきます。
@軽自動車は、2年ごとに8,800円(事業用車=5,600円)
A軽自動車以外は、車検証の中の車両重量の欄に記載されている重量により重量税額が変わります。

 

6)自動車税=排気量に応じた金額を1年に一度、年度始めに納める税金。

 

購入時には登録の翌月から年度末までの分の税金を払います。
軽自動車は月割り制度はありませんので1年分を支払います。

 

↓中古車を購入する時に非常に参考になる本↓

中古車 購入 中古車 購入! 中古車 購入
知らずに買うと損をする。
中古車選び 裏の裏!

中古車がみるみる欲しくなる!
中古車選び完全マニュアル―業者&クルマの選び方から諸経費の知識まで

 

 

7)自賠責保険
購入時に新たに車検を取る場合=自賠責保険料を払う必要あり
購入時に車検が残っている場合=車両本体価格に自賠責保険額が含まれている販売店では必要ありませんが、車両本体価格に自賠責保険額が含まれていない販売店では次回の車検までの自賠責保険料を月割りで払う必要あり。

 

8)消費税
自動車重量税にはかかりませんが、
車両本体価格、整備費用、納車費用、登録代行費用などには、消費税がかかります。

 

9)預かり法定費用
登録費用に含まれている場合=支払う必要なし
登録費用に含まれていない場合=登録や車庫証明取得にかかる印紙代金を支払う必要あり

 

 

 

ネットに掲載している車は見積もりが出来、総額比較が簡単にできるのでお勧めです。中古車販売店では見積もりをあえて出さないところが増えています。その見積もりを持って他の販売店で交渉されたらお客をとられてしまうので見積もりを最初に出した方が負け!!ということです。その点、GOOやガリバーなどのネット掲載店は、見積もりを出すのが前提ですのでお勧めです♪

 

中古車 購入

 

 

 

車購入の時の諸経費関連ページ

中古車を購入時の注意点
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など
新車を購入時の注意点
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など
車 納車の時の注意
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など