マツダアテンザ

マツダアテンザについて(番外   アテンザが生まれる場所

 

マツダアテンザ

先代から引き続き、新型アテンザは、山口県の
防府工場で生産されます。防府工場は1982年9月の生産開始以来、2007年には累計生産台数800万台を突破。数あるマツダの生産拠点のなかでも大きな生産拠点であり、新型アテンザの好調な販売実績が、この数字に大きく貢献しているそうです。

 

防府工場には現在、第1、第2があり、第1工場は
本社・宇品工場と並ぶ乗用車生産拠点として
1982年9月から「カペラ」の生産を開始。

 

 

マツダアテンザ

 

第2工場は1992年「ひとにやさしい工場」をコンセプトに掲げて建設され、同年2月から「ユーノス500」などの生産を開始しました。

 

防府工場は地域の人びとから「マツダの森」と呼ばれるように、外周を緑が取り囲んでいます。西浦地区と中関地区にゲートがあり、大自然のなかの工場といった感じ。巨大なキャリアカーが新車を載せて出入りする風景が、頻繁に見られます。

 

 

 

マツダアテンザ

アテンザが生まれる場所といえば、もちろん国内のほか海外にもあり、主な工場は、アメリカ、中国、
コロンビアなど。特に中国ではマツダが販売実績を伸ばしているので、生産拠点としての重要性も高くなってきています。

 

しかし、マツダは他社のように自前の組み立て工場を持たず、中国地場産業への技術供与、委託生産というカタチでこれまでやっています。

 

 

 

 

マツダアテンザ

2003年3月からは、長春市の一汽轎車股?有限公司の工場でアテンザが製造されていて、その生産能力は年間7万台。2006年3月までの生産実績は5万508台だったとのことです。

 

マツダはR&Dセンター横浜という研究と開発のための施設を持ち、そこでしばしば、マツダファンのためのイベントを開いています。アテンザに乗る多くの人びとが集まり、アテンザ開発担当主査、チーフエンジニアによる講演会を受けたり、エンジニア、デザイナーとの意見交換・質疑応答、アテンザに関する技術・デザイン展示を楽しむイベントが行なわれたりします。
私はこの間、赤ちゃん連れで参加してきました(^^v

 

 

中古車 購入

マツダ アテンザ(4関連ページ

マツダ アテンザ(1
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など
マツダ アテンザ(2
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など
マツダ アテンザ(3
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など