マツダアテンザ

マツダアテンザについて(番外   カペラからアテンザへ

 

マツダアテンザ

 

「マツダ アテンザの歩み」で、カペラがアテンザの
前身と書いたとおり、カペラがマツダのラインナップから消えたのは、アテンザ誕生の2002年。

 

カペラがいちばん最初にお目見えしたのは、1970年5月。ロータリーエンジンを搭載したモデルと、レシプロエンジンを搭載したモデルの二本立てで発売されました。ロータリーエンジン搭載モデルは、当時の日本車のなかにあって凄いパフォーマンスで知られ、レースでも活躍していたんです。

 

 

マツダアテンザ

 

その後、大小のモデルチェンジを重ねて世代を経ていきますが、1978年のフルモデルチェンジでロータリーエンジン搭載モデルがなくなり、ファミリーカーに生まれ変わっています。1982年には駆動方式がFF(前輪駆動)に変わり、4ドアセダン、クーペ、
5ドアハッチバックのボディタイプ・バリエーションを
持ちました。

 

1987年5月のモデルチェンジでは、この4ドアセダン、クーペ、5ドアハッチバックのボディタイプ・バリエーションに新たにステーションワゴンが加わります。

 

 

マツダアテンザ

1994年、CMに萩原健一を起用。5ナンバーサイズのボディとリーズナブルな価格がウケて、セールス好調。
1997年のモデルチェンジでは質感が大幅アップ。
加えて4ドアセダン、ステーションワゴンともにシートアレンジの多彩さを採り入れて、使い勝手の良さをアピール。
さて、おおざっぱにカペラのことを紹介しましたが、要するに40年近く続いた、歴史あるブランドだったと言いたいわけです。マツダのラインナップのなかでも、けっこう息の長いクルマだと思います。

 

 

マツダアテンザ

そして2002年5月、カペラの後継として現れたのがアテンザ。エンジンをはじめ、すべてが新開発のマツダの力作です。なにしろ、関係の大きいフォードグループが、基本プラットフォームとして採用したくらいです。

 

ちなみに「アテンザ」のネーミングですが、イタリア語の「attenzione(注目・配慮)」という単語から「細部まで商品力の高い、注目に値する製品である」の意味を込めた造語だそうです。海外でも、それまでカペラで使われていた「Mazda 626」からアテンザでは「Mazda 6」と一新。

 

中古車 購入

マツダ アテンザ(3関連ページ

マツダ アテンザ(1
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など
マツダ アテンザ(2
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など
マツダ アテンザ(4
車に関する使えるお役立ち情報満載!!アテンザ売買や廃車の一括見積もり|保険の一括見積もり★自然災害対応|ガソリン代節約|ETCカード|旅行など