マツダアテンザ

マツダ アテンザ

マツダ アテンザ大好きです!以前はRX7の白色に乗っていました♪
RX7を売ってアテンザに乗り換えた時に役立った情報をサイトにしました。
その前にアテンザの自慢を書いておきます(^^v

 

 アテンザ
アテンザの性格を簡単にいってしまえば、スタイリッシュ、走りがいい、ミドルクラスカーです。ボディタイプ・バリエーションは4ドアセダン、ステーションワゴン、5ドアハッチバック。エンジンは、4気筒2.0リッター、2.3リッターの2種類。駆動方式は、FF(前輪駆動)のほか、4輪駆動があります。

 

アテンザは先代の発売当初から、「よく走る、よく曲がる、よく止まる」性能が好評で、
2002年RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、モータージャーナリストやカーファンからの高い評価を受けました。
アテンザ

 

また、欧州での評価が高いことも特徴のひとつ。
世界中で132にもおよぶ受賞実績があるうえ、2006年にはドイツ自動車顧客満足度調査において、最も高いスコアである861ポイントを獲得しています。
マツダの得意分野と言えば「走る楽しさ」ですが、アテンザは、それを具体化し、デザインや走行性能に力を入れて作り上げた車です。

 

新型アテンザでも、この先代の性格は引き継がれ、そのうえ高速安定性や快適性に、さらなる磨きをかけています。また最近ユーザーの間で関心がひろがっている、安全性能や環境性能も進化しました。

 

 アテンザ

 

新型アテンザでは、4ドアセダン、ステーションワゴン、5ドアハッチバックをそれぞれセダン、スポーツワゴン、スポーツと呼んでいます。開発テーマには「Zoom-Zoomのさらなる進化」が掲げられ、「最高の高速ロングツアラー」を目指したそうです。先代のアイデンティティーを大切にしつつ、エクステリアデザインに日本的な美意識を採り入れたスタイル。ボディサイズもやや拡大され、快適性の向上に一役かっています。

 

面白いというか、進んでるぅ、というのが安全装備のひとつ
「リアビークルモニタリングシステム」というもの。
なんと、時速60km/h以上で走っているとき後ろから近づくクルマをレーダーで検知して、ドライバーに知らせてくれるんですよ!
これで私かなり運転楽してます♪

 

インテリアデザインも、洗練を追求したそうで
集中ディスプレイや、人間工学に基づいた操作スイッチ、見やすいメーターなど、かっこいいと同時に運転しやすさを大切にしている とっても乗りやすい車です。まぁ主婦の私でもアテンザスポーツ乗りまわせるのですから当然ですかな??

 

中古車 購入